bgmlogo

今回はBGM(Business Gateway Miracle)についてのレビュー記事を書いていきます。

BGM(Business Gateway Miracle)とは

正確にはBusiness Gateway Miracle Networks Assetというらしいです。

BGMは、元々M&AやFX、スポーツ関連オンラインゲームソリューションの制作、ビットコインのトレーディングなどをやっていたそうです。

本社をベトナムのホーチミンに設立し、2016年12月よりこのビジネスが始まったようです。

目的は、親会社の事業を活用しながら利益を創出し、SEED(後述)の価値を上げていくことのようです。

SEED(シード)とは

株みたいなもので、0.21ドルから始まり、規定の数量(50万SEED)が売り切れると0.22ドルになり…と繰り返し、0.4ドルまで進みます。0.4ドルのSEEDが売り切れると、会員が持っているSEEDの数が倍になり、再び0.21ドルから販売が始まります。

SEEDは、0.31~0.4ドルの間で自由に売買することができます。

ただしシード売却は保有分の50%までであり、かつ自分のレベルボリューム分のシードを持っていなければボーナスが受け取れなくなるそうです。

BGMへの入会

1MP=1ドルで、パッケージ分のSEEDが購入されます。

また、それぞれのパッケージで一日の貰えるボーナスの上限が決められています。

  • 2レベル: 3万6000円、90MP、450P/日までのボーナス
  • 3レベル: 6万円、150MP、750P/日までのボーナス
  • 4レベル: 12万円、500MP、1500P/日までのボーナス
  • 5レベル: 36万円、1500MP、4500P/日までのボーナス
  • 6レベル: 60万円、2500MP、7500P/日までのボーナス
  • 7レベル: 120万円、5000MP、1万5000P/日までのボーナス
  • VIP: 360万円、1万5000MP、4万5000P/日までのボーナス

BGMの報酬プラン

MLMが付いております。ダウンラインがパッケージ購入時に規定のRPが発生し、それを元にボーナスが支給されます。

  • 2レベル: 300RP
  • 3レベル: 500RP
  • 4レベル: 1000RP
  • 5レベル: 3000RP
  • 6レベル: 5000RP
  • 7レベル:1万RP
  • VIP: 3万RP

また、獲得したボーナスポイントは、以下の割合で支給されます。

  • CP(換金用): 60%
  • MP(SEED購入に使用): 30%
  • AP(各種コンテンツに使用): 10%
  • RP(パッケージのアップグレードに使用)

CPはMP、AP、RPに転換可能です。

以下、ボーナスの説明です。

  • 直接紹介ボーナス
  • バイナリーボーナス
  • マッチングボーナス
  • スペシャルロールアップボーナス
  • VIPボーナス

直接紹介ボーナス

直接紹介すると、ダウンラインが購入したパッケージのRPのうちの、何%かを貰うことができます。初期購入パッケージにより、貰える%が変動します。

  • 2レベル: 10%
  • 3レベル: 10%
  • 4レベル: 15%
  • 5レベル: 15%
  • 6レベル: 15%
  • 7レベル:15%
  • VIP: 15%

バイナリーボーナス

左右のチームに分け、少ない方のチームの合計RPの何%かを貰えます。初期購入パッケージにより、貰える%が変動します。

  • 2レベル: 7%
  • 3レベル: 8%
  • 4レベル: 10%
  • 5レベル: 11%
  • 6レベル: 12%
  • 7レベル:13%
  • VIP: 15%

マッチングボーナス

ユニレベル(自分の紹介の紹介の…と続く)で5段目まで、ダウンラインがバイナリーボーナスで獲得した額のうちの何%かを受け取れます。

  • 1段目(直紹介): バイナリーボーナスの10%
  • 2段目: バイナリーボーナスの5%
  • 3段目: バイナリーボーナスの3%
  • 4段目: バイナリーボーナスの1%
  • 5段目: バイナリーボーナスの1%

スペシャルロールアップボーナス

バイナリーで、規定段数までの人が購入したパッケージのRPの0.3%が貰えます。

  • 2レベル: 7段まで
  • 3レベル: 8段まで
  • 4レベル: 10段まで
  • 5レベル: 13段まで
  • 6レベル: 15段まで
  • 7レベル:20段まで
  • VIP: 25段まで

VIPボーナス

VIP登録の場合、同じくVIP登録したパッケージの合計を月単位で集計し、そのうちの5%がVIP会員に均等分配されます。

ボーナスの出金について

50CP以上でBTCへの両替が可能で、手続きから1週間後にウォレットに振り込まれるようです。

その際に10%の手数料が引かれます。

BGMの気になる点

いくつかの気になる点があります。

  • 韓国人運営か
  • 会社情報が全くない
  • ドメイン情報が非公開
  • 日本からのアクセスが高い

韓国人運営か

この案件に関しては、ところどころに韓国語が見られます。

プレゼン資料内

bgmkorean

pdfの名前がなぜかハングルになっています。

bgmnet.com/myoffice/js/loginCheck.js内

bgmkorean2

その他にも、登録フォーム内のソースに韓国語が沢山あります。少なくともサイトやプレゼン資料を作ったのは韓国人であり、韓国人が運営している可能性が高まります。

会社情報が全くない

サイトを探しても、会社住所や電話番号、代表者の名前などの情報が全く載っていません。

本当に事業が行われているのかはもちろん、そもそも実在している会社なのかすら非常に怪しいです。

ドメイン情報が非公開

bgmdomain

bgmnet.comのドメイン情報は非公開になっています。真っ当な企業はドメイン情報を隠す必要性は全くありません。ドメイン情報を非公開にしているサイトが投資を募っている場合、ほとんどが詐欺です。

日本からのアクセスが高い

bgmaccess

similarwebによるbgmnet.comのアクセスランキングは、日本が76.13%と非常に高い数値になりました。Alexaでは測定できず。

サイト自体はあまりアクセスがないようなので、あまりアテにはならないかもしれません。

BGM(Business Gateway Miracle)総評

まず投資したお金がビジネスでどう使われているのかもわかりませんし、ビジネスの収益がどのように投資家に配当されているのかもわかりません。

SEEDは独立したものになっており、単に新規に買った人のお金が既存の会員に配当されているだけに見えます。要するにポンジスキームをやりたいだけ、という線が濃厚です。この仕組みはmfaceという案件によく似ています。

また、SEEDが分割され、見かけ上はSEEDの数が増えたとしても、実際には購入する人がいないと売ることができません。新規会員が滞った時点で、いずれはビットリージョンのようにSEEDを売却したい人達で溢れかえることでしょう。というか売ろうとしても、保有数の50%分までしか売れません。

報酬プランは会員以外に小売りできるものがないため、末端会員のお金を既存会員に配当する「ねずみ講」を形成しています。ボーナスは60%分しか換金用のCPにならず、さらに出金時に10%の手数料が取られます。

総じて、一度投資されたお金をなるべく逃さないようにしているといった姿勢が見られます。

そもそも会社の所在地や連絡先を公開しておらず、ドメイン情報も非公開です。実際にビジネスをしているかどうかすらも怪しいため、詐欺である可能性が極めて高いです。こういった案件には近寄らない方が賢明です。