今回はベネフィットクレジットコイン(BCC)のレビューをしていきたいと思います。

ベネフィットクレジットコイン(BCC)とは

ベネフィットクレジットコイン(BCC)とは、公式サイト(digitalcurrency-bcc.tokyo)によると、時価総額の最大50%を金で保全している仮想通貨だそうです。総発行数は50億枚で、シンボル名は「BCC」です。

5万BCC以上保有していると、毎月1%の金利が付くようです。

ベネフィットクレジットコインは東京ゲートウェイという取引所で取引できるようです。

運営会社はデジタルカレンシー株式会社というところです。

ベネフィットクレジットコイン運営について

このスキームは非常に大規模なもので、一つ一つ検証していく必要があります。

  • デジタルカレンシー株式会社
  • クレコインクラブ株式会社、クレコインクラブ
  • 株式会社ボンジェニKマイニング
  • 東京ゲートウェイ、XRPWallet

デジタルカレンシー株式会社について

まずは運営元であるデジタルカレンシー株式会社(digitalcurrency.tokyo)について検証してみます。

主な事業内容は

  • 金採掘事業
  • Webマネー発行、開発事業
  • クレジット決済事業
  • ITネットマーケティング事業
  • Webサイト制作

といったものです。

ベネフィットクレジットコインに関しては

  • digitalcurrency-bcc.tokyo

という専用のドメインが用意されています。

-bccの方のドメイン情報を調べてみると、非公開設定になっています。

また、ドメインの取得日時が今年の3月26日となっており、取得してから日が浅いことがわかります。

本家であるデジタルカレンシー株式会社の方のドメイン情報は公開されています。

登録者に「yuzuru matsuoto」という人物の名前が確認できます。

メールアドレスで調べてみると、ノアーズアーク(noahsark.co.jp)という会社に行き着きます。会社同士で何らかの繋がりがあると見て間違いないでしょう。

デジタルカレンシー株式会社は2009年設立、代表取締役社長が「松田 智」という人物になっています。

クレコインクラブ株式会社とクレジットコインジャパン株式会社

デジタルカレンシー株式会社の公式サイトによると、デジタルカレンシー株式会社はクレコインクラブ株式会社という会社も持っているようです。

この会社について調べてみると、クレコインクラブ株式会社とは別に、「クレジットコインジャパン株式会社(creditcoinjapan.co.jp)」も見つかります。

住所はデジタルカレンシー株式会社に載っている住所と同じですが、名前が若干異なりますね。

代表者は「ムルアカ ンゴキ」という人物(後でまた出てきます)になっています。

そこで国税庁の法人番号公開サイトで2つの企業について調べてみると、本当に2つの会社が存在しています。

まず「クレコインクラブ株式会社(法人番号4010901039149)」ですが、

変更履歴情報を見ると、今年の1月29日に住所を「東上野1丁目19番1号KGKビル4階B」から、「東京都千代田区内幸町1丁目1番1号帝国ホテルタワー15F」に変更したことがわかります。

そして今回発見した「クレジットコインジャパン株式会社(法人番号9011001034762)」ですが、同じように変更履歴情報を見ると、住所が3月14日に「東京都千代田区内幸町1丁目1番1号帝国ホテルタワー15F」から「東上野1丁目19番1号KGKビル4階B」へと変更されており、クレコインクラブ株式会社と入れ替えられた形となっています。

また、サイト上で設立日が1997年3月と記載されていますが、国税庁HPでは法人登記されたのが2015年10月であることが確認できます。しかしこれはあくまで法人化した日付なので、虚偽かどうかは判断できません。

この2つの会社がそれぞれどういう役割を担っているのかは全くわかりません。

ちなみに「東京都千代田区内幸町1丁目1番1号帝国ホテルタワー15F」の方の住所は、バーチャルオフィスレンタルオフィス(7/1追記)になっているようです。会社としての実体はなさそうです。事務所が存在するようです。

クレコインクラブについて

ベネフィットクレジットコイン関連では、クレコインクラブ(crecoinclub.com)というものが存在しています。

どうやらクレコインクラブを通じてベネフィットクレジットコインを購入すると、パーティ招待や子供向けのダンスレッスンなどを受けられるようです。

クレコインクラブは、「田中佑季とうなばらゆうのリッチなライフスタイル」という月1回のラジオ番組のスポンサーでもあるようです。

クレコインクラブの会員は4種類あり、ベネフィットクレジットコインの購入額によってクラス分けされているようです。

  • シルバー会員: 5万BCC以上を購入、保有
  • ゴールド会員: 100万BCC以上を購入、保有
  • プラチナ会員: 300万BCC以上を購入、保有
  • VIP会員: 1000万BCC以上を購入、保有

どうやら会員によって受けられるサービスが異なるようです。

続いてクレコインクラブのドメイン情報も調べてみます。

サイトのドメイン情報を調べてみると、デジタルカレンシー株式会社のドメイン情報と同じ「yuzuru matsumoto」という名前が載っているので、作成したのは同一人物かと思われます。

株式会社ボンジェニKマイニングについて

次はベネフィットクレジットコインの「金」の部分に関わる株式会社ボンジェニKマイニング(bongeniekmining.tokyo)を見てみます。

ベネフィットクレジットコインの金の採掘に関してはこの会社がやっているようです。採掘場所はコンゴのようです。

こちらのサイトのドメイン情報は公開されており、「NAOKI KAWATA」という名前が載っています。東上野に事務所があるみたいですが、ざっくり調べても詳細はわかりませんでした。

そして代表の名前が「ムルアカ ンゴキ ゴテ」と記載されており、クレジットコインジャパン株式会社の代表と同じ名前になっています。

また、株式会社ボンジェニKマイニングは去年の12月にクレジットコインの商標を出願していることが確認できます。

この会社について気になる点といえば、サイト自体が非常に簡素な作りであり、一生懸命ゴールドを売ろうとしている気が感じられないというところです。

ネットからは買えないですし、またはお店(実在するかはわかりません)の住所に来させようという気もありません。どちらかというと金の採掘をやっていますよとアピールするために作られたサイトに見えます。

実際どのようにコンゴで採掘事業をしているのか、実際に採掘していたとしてそれをどのように販売して利益を得ているのかはサイト上からは見えてきません。

東京ゲートウェイについて

続いてベネフィットクレジットコインが上場しているという東京ゲートウェイという取引所について見てみます。こちらは私の憶測ですがデジタルカレンシー株式会社の関連とは別で、業務提携という形で進んでいると思っています。

  • 12/1追記: 東京ゲートウェイ公式からBCC関連との業務提携が否定されました。

2016年9月12日に設立ということで非常に新しい会社であり、代表取締役社長は「三上 剛」という人物となっております。

まず「東京ゲートウェイ」という名前ですが、「東京JPY」というリップルの取引所となんとなく名前が似ています。というか意図的に似せて作られているんじゃないかと思っています(後述)。

12/1追記: 東京JPYが名前を変えて東京ゲートウェイとして営業しているようです(ソース)。

東京ゲートウェイに関してはドメイン情報が非公開になっています。

所在地や代表者の名前が載っているのでわりと信頼はできますが、ドメインに関しては不安が残ります。

東京ゲートウェイと東京JPYの関係

12/1追記: 公式発表により同一運営であることがわかりました。

ただ、途中までは別会社を装っていたようです。

これが最初に出てきたプレスリリースです。

あたかも東京JPYと東京ゲートウェイが別会社のように書かれています。

そしてこれが今の東京JPYのサイトに掲載されている文章です。

「東京JPYのメンバーが東京ゲートウェイを立ち上げた」と書いており、話が変わっています。

XRP Walletについて

余談ですが、東京ゲートウェイのトップページでは、推しウォレット以外を軽く貶しています。

天下のGATEHUB様もご覧の有様。取引所は個人が書いてるサイトとは違うんですよ。このあたりからは企業としての姿勢を感じることができません。

そしてこれが推しウォレットであるXRP Wallet(xrpwallet.org)です。「!」が使われており他のウォレットの文章とは雲泥の差です。

ちなみにこのウォレットですが、一見リップルの公式っぽくて凄そうに見えますが全くの別物です。

サイトを調べてみると、ソースの中に日本語が見つかります(config.js内)。このことから日本人が作ったものであることがわかります。

ちなみにホスティングサーバーの位置も日本と出ています。

私の推測ですが、これだけXRPWalletを推すということはおそらく東京ゲートウェイの関連がやっているものだと思われます。

紹介文に「日本初のパートナー」、「近日日本語対応決定」という記載があり、海外の企業を装っていますが、さすがにアウトです。

ベネフィットクレジットコインは元々クレジットコインだった

ベネフィットクレジットコインについて色々調べてみると、クレジットコインという名前でローンチが行われた形跡が出てきます。

どうやらベネフィットクレジットコインは、元々「クレジットコイン(XCC)」という名前で募集されていたようです。現在はLPは削除されているようです。

このバナーには、「東京JPY」の名前が出てきます。やはりデジタルカレンシーと東京JPY(東京ゲートウェイ)は提携していたと見るのが自然です。

それにしてもバナーは怪しさMAXですね。やはりクレジットコインに関しては否定的な見方のサイトが多かったです。

存在しないベネフィットクレジットコインのホワイトペーパー

通常、資金調達目的で仮想通貨を発行する場合は「ホワイトペーパー」を提示するのが定例となっておりますが、ベネフィットクレジットコインにはそれが一切見当たりません。

よって、この通貨が何の目的で発行され、何の用途で使用されるべきなのかが全くわかりません。

ベネフィットクレジットコインは金融庁の許可を得ているのか

ベネフィットクレジットコインは日本語で日本人向けに営業されており、金融庁に未登録で営業していた場合は警告を受ける可能性があります。

2018年3月29日: 東京ゲートウェイが廃業することになったようです。

ベネフィットクレジットコインは今後どこで取引できるのでしょうか。

仮想通貨「ベネフィットクレジットコイン(BCC)」総評

さて、これらの情報を踏まえた上でベネフィットクレジットコイン(BCC)について評価していきたいと思います。

まずクレコインクラブに関しては、通貨を「保有」するとサービスを受けられるというものになっております。要するに通貨として流通させる気はなく、保有させることを重要視していることがわかります。

この考え方は、通貨ではなく株に近いです。5万枚保有すると毎月1%配当されるところも似ています。しかし株と大きく違うのは、株主としての権限を持てないところです。

どういうことかというと、企業が自分達の飲み代を調達するためにBCCを売って値下がりしたとしても、保有者は責任を追求することができません。

これは保有者が危険な立場に晒されていることを意味します。

次に時価総額の最大50%を金で保全している仮想通貨とのことですが、どのようにそれが保全されるのかがわかりません。そして「最大」50%ということは、場合によっては30%でも10%でも0%でも良いということです。

というか本当に金の採掘事業をやってるのかすらも見えてきません。現状は単に東京ゲートウェイで売り買いできるだけにしか思えません。

3月29日追記: 東京ゲートウェイの廃業

東京ゲートウェイが廃業するようです。

ベネフィットクレジットコインは今後どこで取引できるのか、今の所わからない状況ですね。

最終結論

BCCは詐欺であるかと聞かれると、そうであるとは言い切れません。

しかし何の用途でBCCを発行しているのか、将来何の用途で使われるのかが全く見えていない通貨であり、非常に怪しいものではあります。

また無登録で日本語で日本人向けに営業する場合、金融庁から警告を受ける可能性があります。

東京ゲートウェイの廃業もありますし、現段階での購入はかなりのリスクを伴うと思います。