前回の更新から1ヶ月程空きましたが、一段落したのでまたぼちぼち更新していきます。

今回はTresMore(トレモア)のレビューをしていきたいと思います。トレスモアと読みたくなりますが、「s」は発音せずトレモアが正解です。

TresMore(トレモア)とは?

一定条件下でクレジットカードで買い物をしたレシートをアップロードすると、20%のキャッシュバックが受けられるサービスです。これは「サビアン」の二番煎じと言えます。

経営者はJoseph Leeという人物です。

キャッシュバックされるカテゴリは以下の通りです。

  • 小売: 食料品、コンビニ、日用品、衣料品、装飾品、宝石、家電、身の回り品、雑貨
  • 飲食店: レストラン、ビュッフェ、フードコート
  • 交通: バス、タクシー、列車、船(飛行機はNG)
  • ガソリン: ガソリンスタンド
  • サービス: 美容、ネイル、マッサージ、ホテルなど
  • エンターテイメント: 映画、ショー、遊園地など

実店舗を構えているオンラインショップも登録することができます。

 

キャッシュバックについて

ユーザーは事前に上記の中でよく行くお店を10店舗登録する必要があります。その中の店舗でのみキャッシュバックが適用されます。

レシートの有効範囲は5ドル~300ドルの間になります。300ドル以上のレシートは300ドルとしてカウントされるようです。

キャッシュバック上限は月に260ドルまでとなります。

キャッシュバックを受け取り後に登録店舗を変更することができるようです。

また、インアクティブになるとキャッシュバック申請しているものは無効になるようです。

ビッグデーターの収集

なぜ20%のキャッシュバックをするのかというと、レシートを集めてビッグデータ化させるのが目的のようです。

ただなぜレシート収集にMLMを付けて月会費を取るのかは全くもって不明です。

トレモアへの入会

129.99ドル/1ヶ月、もしくは330ドル/3ヶ月のどちらかを選ぶことができます。

アカウントはひとつしか持てません。

18歳以上であればアカウントを開設できるようです。

3ヶ月を越えてインアクティブになるとアカウントは削除されます。

会費の返金やキャンセルは一切受け付けていません。

出金について

ワイヤートランスファー、Thanks Matrix Card(自社のデビットカード)の他に、TD eWallet、ビットコイン、イーサリアム、TD Goldコイン、ペイパル、アリペイに対応しているようです。

トレモアの報酬プラン

なぜかMLM化しており、以下の4つのボーナスがあります。

  • チームボーナス
  • リーダーシップボーナス
  • グローバルプールボーナス
  • 株の購入権

チームボーナス

3系列伸ばすトライナリープランとなっています。

ただし途中のロイヤルクラウンまでは一番伸びている1系列と2と3の合計という形のバイナリーで計算されます。

  • シルバー: 直紹介3人で達成、毎日5ドル
  • ゴールド: 1系列6人、もう2系列の合計で6人で達成、毎日20ドル
  • プラチナ: 1系列18人、もう2系列の合計で18人で達成、毎日30ドル
  • ダイヤモンド: 1系列40人、もう2系列の合計で40人で達成、毎日50ドル
  • ブルーダイヤモンド: 1系列75人、もう2系列の合計で75人で達成、毎日100ドル
  • トリプルダイヤモンド: 1系列150人、もう2系列の合計で150人で達成、毎日150ドル
  • クラウン: 1系列250人、もう2系列の合計で250人で達成、毎日200ドル
  • ロイヤルクラウン: 1系列375人、もう2系列の合計で375人で達成、毎日300ドル
  • プレミア: 350人:350人:300人で達成、毎日500ドル
  • スタープレミア: 700人:700人:600人で達成、毎日750ドル
  • ゴールドプレミア: 1400人:1400人:1200人で達成、毎日1000ドル
  • ダイヤモンドプレミア: 2100人:2100人:1800人で達成、毎日2000ドル
  • クラウンプレミア: 2800人:2800人:2400人で達成、毎日3000ドル

リーダーシップボーナス

直紹介した人を1段目として、その人の紹介を2段目…と3段までのユニレベルボーナスです。その人が獲得したボーナスのいくらかが配当されます。

  • 1段目: 5%
  • 2段目: 5%
  • 3段目: 5%

グローバルプールボーナス

トレモアの総売上の3%がプールされ、以下のタイトル保有者に分配されます。

  • プレミア: 30%を達成者で分配
  • スタープレミア: 25%を達成者で分配
  • ゴールドプレミア: 15%を達成者で分配
  • ダイヤモンドプレミア:15%を達成者で分配
  • クラウンプレミア: 15%を達成者で分配

株の購入権

プレミア以上のランクであれば、株を購入する権利を貰えるようです。

トレモアの気になる点

そもそもこんなものがなぜ日本で広まっているのかという疑問はさておき、羅列してみます。

  • ほぼ中国と日本で広まっている
  • ドメイン情報が非公開
  • 運営会社が怪しい

ほぼ中国と日本で広まっている

アクセスに関しては右肩上がりです。

8月2日時点での国別アクセスランキングはご覧の通り。

中国と日本でアクセスの80%を占めています。

会社所在地の地図を見る限り、本社がアメリカにあるようですが、アメリカのアクセスがないことは不信感があります。

ドメイン情報が非公開

ドメイン(tresmore.com)は2017年3月12日取得と新しいことがわかります。

ドメイン情報は非公開になっていました。これに関しては不信感があります。

運営会社が怪しい

トレモアはEsolutionTG(esolutiontg.com)という親会社が運営しています。また、他にThanks Holdings(thanksholdings.com)という別サイトも見つけました。

この会社は、2014年に創業し、2015年にはThanks Matrix(thanksmatrix.com)という、いかにもねずみ講のような名前のMLMを立ち上げています。Alexaでアクセスを見る限りはあまり伸びてはいなさそうです。

運営している他のサービスとして、Thanks Digit(thanksdigit.com)というクラウドマイニングのサイトや、TMPOS(tmpospro.com)というマーチャントを売っているサイト、TMWellbeingという美容品のMLMがあります。

そして今回のトレモアです。アクセスを見る限りこれが一番伸びており、会社にとって大きな収入源になっているはずです。

余談ですが経営陣は中国人がほとんどです。

TresMore(トレモア)総評

まずほとんどサビアンと一緒というところには二番煎じ感が否めません。

月会費約130ドルを20%のキャッシュバックで相殺するためには、最低でも10店舗登録した中で毎月650ドル(約7万円)の消費が必要です。そしてキャッシュバックの恩恵を受けるためには、それ以上の消費が必要です。実際にサービスによる恩恵を受けられる人は思ったより少ないと言えます。

またサビアンの問題点として、本当にビッグデータを収集、販売しているのかというところがありますが、トレモアに関しても同じような疑問があります。そもそもレシート収集になぜMLMを組み合わせる必要があるのでしょうか。

もしビッグデータうんぬんが嘘である場合は、単にメンバーから集めた会費をキャッシュバックと称して配当しているだけの危ないスキームに成り果てます。というかサビアンもトレモアもこの疑いが非常に高いです。

その証拠に、世界中からレシートを集めてどのようにビッグデータ化しているのか、誰に販売しているのか、詳細が一切出てきません。

キャッシュバックを出金できるのか

サビアンもキャッシュバック金額を出金できるようにすると言って1年経ってもまだ全員できていませんが、トレモアもおそらく同じような道を辿るような気がします。

いつまでも出金させずに、新規会員のパス購入や月会費に回させる方が会社は儲かるのです。この点は会社と会員で利益相反しているため要注意です。

報酬プランはねずみ講そのもの

トレモアの報酬プランはキャッシュバックとは一切関係がなく、末端会員の月会費を上位会員が吸い上げているだけのねずみ講だといえます。おまけにサビアンと比べてユニレベルボーナスなどが加わっており、危険度が増しています。

これは単純に組織に引き入れた人数=収入となるため、終わりなきリクルートの連鎖を生みます。

実態として、組織に加担している人のほとんどがキャッシュバックなど利用しておらず、キャッシュバックを口実に人を組織に引き入れてお金を吸い上げようとしているだけです。そして会社はこのような会員が出ることを知っており、キャッシュバックを利用しない会員の月会費がまるまんま会社の収益になります。ボロ儲けですね。

トレモアは総じて危険なスキームであり、近寄らないのが賢明です。

唯一の妥協点として、キャッシュバックを受けられる10店舗の中で最低でも毎月8万円以上の消費をしていること、一部の上位会員だけではなくすべての会員がキャッシュバックの出金ができているのを確認していることを条件に上げておきます。