今回は最近話題になっている滋賀県の女性遺棄事件について触れようと思います。

事件概要について

殺害されたのは野田みゆきさん(53)で、遺体は滋賀県多賀町の山林で発見されたようです。

容疑者として逮捕されたのは、岐阜県大垣市笠木町、土木作業員、西田市也容疑者(20)と滋賀県愛荘町のアルバイトの少年(18)。なんと西田容疑者の自宅から被害者のスマホやかばんが見つかったようです。2人は容疑を認めています。

そして容疑者の供述によると、遺棄するにあたって、遺体をスーツケースに入れ、建設用の重機を使って深さ1メートル以上の穴を掘ったようです。

また、容疑者は殺害後に被害者のスマホで本人になりすまして少なくとも十数万円のビットコインを自分宛てに送金したことがわかっています。このことから、強盗殺人事件であるといえます。

被害者はビットクラブをやっていた?

被害者女性は元々パートをしながら美容系のMLMをやっておりましたが、最近は暗号通貨関連のMLMに手を出していたようです。セミナーが終わった後に容疑者の車に乗ったことがわかっています。

中日新聞では以下のような記述があります。

ビットコインは、インターネット上に公開された取引記録が10分おきに世界中で計算され、最も早く処理した人に、その都度報酬が与えられる仕組み。高速で計算する機械をどれだけ多く購入できるかが利益に直結するという。投資に参加する男性は「所属するグループの資本力がものをいう。グループを大きくするため、新規会員をできるだけ多く入れようという動機づけになる」と説明する。

さらに、会員を集めるほど自分の「ランク」が上がり、報酬が増える。その独自の仕組みを利用しようと女性は新規会員の勧誘を積極的に行い、その過程で、自分が苦手なパソコン操作ができる大垣市の男に声を掛けたとみられる。名前のあだ名で呼ぶほど親しい仲だった。その後、ビットコインへの投資をめぐり、何らかのトラブルになったとみられる。

行方が分からなくなる直前の6月中旬、愛知県春日井市で開かれた食品などを紹介するセミナーでは、周囲に「本業をやめる」と話すほど、ビットコイン投資にのめり込む姿を見せていた

参考: ビットコイン投資もめる?(外部リンク)

マイニング機材をどれだけ多く購入できるかというところから、何らかのクラウドマイニングサービスであること、更に会員を集めるほど自分のランクが上がるというところから、MLMであることがわかります。このことから「ビットクラブ」なのでは?という声が上がっています。

また、女性自身がMLMにのめり込み、勧誘活動を積極的に行っていたようです。

動機は金か?

この事件を整理すると、

  1. 容疑者は被害者のスマホをいじってビットコインを送金していることから、何らかの方法でパスワードなどを入手していた可能性がある
  2. スーツケースに遺体を入れ、建設用の重機で穴を掘って埋めたことから、犯行が計画的だった可能性がある

ということになります。

まず1ですが、何も知らない相手のビットコインを盗もうとした場合、スマホのパスワード解除、取引所のログインIDとパスワード、二段階認証が付けられているかなど、人によってセキュリティが異なるため、準備なしに盗むのは難しいような気がします。

しかしこの容疑者は被害者のスマホを触ってビットコインを送ることに成功しているため、被害者がどの程度のセキュリティを施していたのか、そしてそれを突破する方法を予め知っていたことがわかります。

自分が苦手なパソコン操作ができる大垣市の男に声を掛けたとみられる。名前のあだ名で呼ぶほど親しい仲だった。

という記載があるため、もしかすると技術的な部分をサポートする過程で容疑者に取引所のパスワードなどが知らされていたのかもしれません。

そして次に2のスーツケースと建設用重機についてですが、まず穴を掘る重機ということはパワーショベルなのかなと思います。

急な殺害で遺体が入るほどのスーツケースとパワーショベルを用意できるとも思えませんし、事前に用意していたと考える方が自然です。

ここから、突発的な人間関係のトラブルでの殺害という線は薄く、逆に金銭目当てで計画的に実行されたという線の方がしっくりきます。

しかし送金された金額は「少なくとも十数万円」とあり、殺人のリスクを犯してまで実行するような金額なのかどうかは疑問です。実際に送金された額はもっと多かったのか、容疑者がよほどお金に困っていたのか、被害者はもっと持っているように思えたのか、謎は残ります。

※これらの記述は、出てきた情報を元に私が勝手に妄想したものに過ぎません。

個人的に思うこと

非常に痛ましい事件ですが、動機は金銭目的なのかな、などと考えているうちに思った事があります。

それは、「お金を持っていることをアピールすることはリスクを伴う」ということです。

もちろん稼いでいることを周りに見せることで承認欲求は満たされますし、様々な営業や交渉も有利に進む可能性は高まります。しかし、同時にそれは一定の層からの妬みの対象にもなりますし、詐欺や犯罪の的にされる可能性もあります。

私は貧乏なので決して想像もつきませんが、昔金持ち父さん貧乏父さんという本を読んだ時に、「有り余るお金を持っている方がずっと苦労することが多い」といった記述を見たことがあります。

こっそり生きろとまでは言いませんが、お金を持っていることをアピールする場合は、それ相応のセキュリティ対策は施すべきだとは思いました。

被害者に追悼の意を表します。