最近オープンした電力MLMのAmbit Energy(アンビットエナジー)ですが、無事に電気提供が開始され、今のところ安くなっているという声が上がっています。

全員が当てはまるわけではありませんが、関西電力、中部電力、中国電力でも10%ほど安くなった人も出てきています。

東電に関しては私が情報を集める限りはまだわかりませんが、安く使える可能性は高いといえます。

アンビットエナジーは、アメリカの電力市場では7%ほどのシェアがあります。日本オープン後はあっという間にユーザー件数も25000件を突破しており、勢いもかなりあります。日本市場の後はカナダオープンを予定しています。

そんなアンビットエナジーの電気を使ってみたい方は、是非[email protected]にてお声掛けください。

私がなぜアンビットエナジーを推すのか

今まで様々なMLMをレビューしてきましたが、正直日本に蔓延っているMLMは仕組み的にねずみ講を形成しているものが多すぎます。

私個人的には、数少ない健全なMLMこそ応援したいという想いがあります。

健全なMLMとは、ダウンが支払った会費をアップに一切配当しない組織であり、自分もしくはダウンがビジネスとは全く関係のない一般顧客を獲得することで始めて利益が得られるものです。

逆にねずみ講とは、ダウンラインの初期費用や月会費を上位会員に配当する組織です。

アメリカではねずみ講(ピラミッドスキーム)に対する認知がだいぶ進んでいますが、日本ではまだまだねずみ講と健全なMLMの区別が付けられない人が多いです。ここはブログを通じてこれからも発信し続けていきたいところです。

そしてアンビットエナジーは、日本に数あるMLM企業の中でもまれに見る健全なMLMのシステムになっており、こういう企業にこそ収益を延ばして欲しいと思っています。

一般電力会社からの乗り換えについて

アンビットに限った話ではありませんが、今もまだ一般の電力会社を使っているのであれば、どこかの新電力会社に変えた方がトータルで安く使えるかもしれません。

特に普段から電気を多く使う人であればあるほど、新電力に切り替えることでかなりの削減が期待できます。逆に一人暮らしでほとんど家にいないような人は、従来の電力会社でもさほど大差ないかもしれません。

もし新電力に切り替える際は、選択肢として是非アンビットエナジーを検討していただければと思います。

ユーザーは無料で切り替え可能

一般ユーザーとしては、無料でアンビットエナジーへの切り替えが可能です。

ビジネス登録の場合は費用がかかります(初期費用1万円、毎月2500円)。

アンビットエナジーへの切り替え方

ビジネス会員から登録用URLを発行してもらい、そこから登録して切り替えることができます。

身近な友人がアンビットをビジネスとしてやっている場合は、是非そちらの方からご登録ください。周りに誰もいない場合は私からご登録いただけるとほんの少しばかり潤います。

その際は[email protected]にてお声掛けください。

アンビットの電気に適さない人

「高圧電気」は残念ながらアンビットの対象外です。また、

  • オール電化
  • 深夜割引
  • ソーラー

これらを採用している家庭や事業所は、アンビットエナジーに切り替えても安くならない可能性があるためおすすめはできません。

訴訟の件はどうなった?

アメリカで電気料金が急にもの凄く跳ね上がったということで訴訟に発展した過去がありましたが、今現在順調に日本オープンも果たし、今後カナダオープンも控えている中で、まさかそのような事はしてこないと思います。

もし日本で電気料金が倍になったとしたら、瞬く間に世界中のネット上に拡散され、大きなマイナスを背負う羽目になるでしょう。

もちろん絶対にそうならないというお約束はできませんが、私はアンビットという会社の将来性を信じたいと思います。

サイト上での契約完結ということはできないため、アンビットの電気に興味がある方は一度[email protected]にてお声掛けください。登録用のURLを発行致します。