今回は、Bit Buyer Clubのレビュー記事を書いていきたいと思います。

Bit Buyer Clubとは?

仮想通貨のインサイダー情報を教えてくれるクラブらしいです。また投資助言行為やシグナル配信も行っているようです。

政府は仮想通貨全般を「貨幣」として認めていることから、法解釈的には金融商品取引法の適用範囲となります。

つまり仮想通貨の相場操縦行為、インサイダー情報の流出、風説の流布、無資格で金銭を受け取っての投資助言行為、シグナル配信などは金融商品取引法違反となる可能性があります。

Bit Buyer Clubは、12万円の購入費用を集め、投資助言行為及びシグナル配信を行っているため、正直かなり危ないと思われます。

運営者について

登場するのは坂本よしたか(坂本好隆)という人物です。特商法に基づく表記には、株式会社ナチュラルナイン(小川和人)という人物が載っています。

坂本よしたか氏について調べてみると、過去にChange the worldという詐欺まがいの案件をローンチし、被害者を多数出したようです。

この件については、今でも2chで現行スレッドが動いています。

Change the worldのLPには、「1日1回クリックするだけで報酬が振り込まれる」という詐欺の典型のような画像がありました。

Bit Buyer ClubのLPを見た感想

LPを通して見ると、坂本よしたか氏の自己紹介や経歴について記載されていないというのが気になります。

そもそもこの人物は転売畑にいたのであって、資産運用ないしトレーディングの経験はあるのかという疑問が沸きます。

暗号通貨重要人物とのパイプ?

世界に名だたる暗号通貨重要人物とのパイプを持ち、圧倒的なインサイダー情報で億万長者を排出し続けるらしいです。

しかし具体的に誰と繋がっているのかもわかりませんし、そもそもインサイダー情報を流したらアウトです…。

シグナル配信

シグナル配信も行っているようで、平均月利で12.19%出せたようです。

ただし、ビットコインの現物を保有し続けた場合とのパフォーマンスの比較がないため優れているのかどうかが全くわかりません。

Q and Aについて

知識もないけど参加すれば成功できるのか?

という質問に対し、「成功できる」と言い切った後に、投資は自己責任なので自分で判断しろと付け加えてます。

この言い回しは正直ずるいと思います。

Bit Buyer Club総評

最近仮想通貨の相場操縦行為や風説の流布などでムショり人という言葉が出ていますが、この案件も法解釈次第ではかなり危ないと思います。

第一にインサイダー情報とデカデカと書かれているところです。合法的インサイダー情報と書かれている文もありますが、インサイダー情報に合法はありません。

次に金銭を受け取った形での投資助言行為とシグナル配信です。正直これはかなり危ないと思っています。

坂本よしたか氏のトレーディングの経験は見当たりませんし、過去にChange the worldという案件で被害者もそれなりに出しており、2chで今もスレッドが動いている状況です。

Bit Buyer Clubのお値段は12万円であり、私はおすすめはしません。

インサイダー情報、仕手情報に注意

  • ビットフライヤー社員からの情報で、○○がビットフライヤーに上場する
  • ○月○日に、○○に仕手が入る

こういった情報を流している個人や団体にはくれぐれも注意してください。

大体は情報を流す前に買っており、情報を流した瞬間に高値で売り抜けようとしています。

悪質な風説の流布を行った場合、10年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金に処されます。