今回はMLM付きのマイニング投資案件であるCryptoGold(クリプトゴールド)についてのレビュー記事を書いていきたいと思います。

この案件はビットクラブを模倣したような作りになっており、投資には注意が必要かと思われます。

CryptoGold(クリプトゴールド)とは?

クリプトゴールドとは、お金を投資したら暗号通貨のマイニングをしてくれる、クラウドマイニングサービスのようです。

取り扱っている通貨は、BTC、ETH、LTC、DASH、ZECの5種類で、一度投資すれば生涯に渡ってマイニング配当が貰えるようです。

運営者として名前が挙がっているのは、Sascha Senft、Michael Bauer、Manmohan Lalの3人です。

サイト(cryptogold.com)によると会社はドバイにあるようですが、主にドイツで運営されているようです。

CryptoGold Limited
Business Center
Dubai World Central
P.O.Box 390667
Dubai, UAE
Registration Number: AFZ/AIBC/935

別ドメイン(kryptogold.de)では、以下の住所が載っていました。

Antwerpener Str. 35
50672 Köln

どちらもドメイン情報は公開されており、Michael Bauer氏の名前と、下記の住所が載っていました。

Registrant Street: Marzellenstr.12
Registrant City: Koeln
Registrant State/Province: Unknown
Registrant Postal Code: 50667
Registrant Country: DE

税制上の理由によりドバイに移転したとフォーラムには書かれていました。

イギリスにも同じ名前の会社がありました。

こちらに登録されている名前は「MORGAN, Thomas Stephen」となっており、上記の運営者とは別の名前になっています。

同じ会社なのか別の会社なのかはわかりません。

マイニング施設について

サイトにマイニング施設はどこにあるのかというQ and Aがあります。

Where are the mining facilities?

We cannot provide exact locations for the mining farms for security reasons. Economic viability is the most critical factor. This includes operating costs and personnel costs.

訳すると、「セキュリティ上の理由から、マイニング施設の正確な場所を提供することはできません。経済的妥当性が最も重要な要素です。これには運用コストと人件費が含まれます。」と書かれています。

多くはきちんとマイニングしていることを証明するために、施設の見学をさせたり住所を明かしたりすることが多いというところでは、この対応は少し不信感があります。

プレゼン資料にはアメリカと中国に、bitcointalk.orgにはアメリカ、アイスランド、オーストリアにあると書かれていました。

Manmohan Lal氏がマイニング工場であると言っている動画もあります。

下記フォーラムには画像もありました。

これがクリプトゴールドの施設であるならば、マイニング施設は実在しそうです。

クリプトゴールドへの入会

入会費用に79ドルがかかり、加えて以下の投資プランがあります。

  • 50ドル
  • 100ドル
  • 500ドル
  • 1000ドル
  • 2000ドル
  • 3500ドル
  • 5000ドル

いずれかのプールを購入することで入会となります。

CryptoGold(クリプトゴールド)の報酬プラン

500ドル以上投資する(シルバー会員)ことで紹介報酬が得られるようになります。5段階のタイトルがあります。

  • シルバー: 入会し、500ドル以上の投資をする
  • ゴールド: 5人以上シルバー会員を直紹介し、5人が2人を直紹介し、かつ組織の合計投資金額が1万ドルを超える
  • プラチナ: 3人以上のゴールド会員を直紹介し、かつ組織の合計投資金額が5万ドルを超える
  • ダイヤモンド: 2人以上のプラチナ会員を直紹介し、かつ組織の合計投資金額が20万ドルを超える(タイトル維持に月に5万ドルの投資額をキープ)
  • ホワイトダイヤモンド: 2人以上のダイヤモンド会員を直紹介し、かつ組織の合計投資金額が150万ドルを超える(タイトル維持に月に20万ドルの投資額をキープ)

レジデュアルコミッション

左右のグループに分けて組織を構築していくバイナリーコミッションが採用されています。

それぞれの投資額に応じてポイントが入ります。

  • 50ドルの投資: 0.5ポイント
  • 100ドルの投資: 1ポイント
  • 500ドルの投資: 5ポイント

左右のグループのうち、少ない方のグループが25ポイント貯まると200ドルのボーナスが入ります。

タイトルによって、一日に得られるレジデュアルコミッションの上限が決まっているようです。

  • シルバー: 1日800ドルまで
  • ゴールド: 1日1000ドルまで
  • プラチナ: 1日1200ドルまで
  • ダイヤモンド: 1日1600ドルまで
  • ホワイトダイヤモンド: 1日2000ドルまで

マッチングボーナス

ダウンラインが200ドルのレジデュアルコミッションを受け取った場合、自分に10ドルが入ります。

直紹介した人を1段目(1世代)とし、その人が新たに直紹介した人を2段目…という風に、最大8段までボーナスが貰えます(この報酬形態をユニレベルと言います)。

合計で8段80ドル分のマッチングボーナスが発生することになりますが、自分のタイトルによって取れる段数が異なります。タイトルの差により得られなかった残りのボーナスは、アップラインの、自分よりも上のタイトルの人に振り分けられます。

  • シルバー: 2段まで
  • ゴールド: 4段まで
  • プラチナ: 5段まで
  • ダイヤモンド: 7段まで
  • ホワイトダイヤモンド: 8段まで

レベルアップコミッション

紹介した人数により、4通りのコミッションを受けることができます。

ダウンラインチーム1

最初に直紹介した2人がダウンラインチーム1として適用され、この2人の初期投資の6%がボーナスとして入ります。

ダウンラインチーム2

3、4、5人目に直紹介した人がダウンラインチーム2に適用され、この3人の初期投資の7%がボーナスとして入ります。

また、ダウンラインチーム2が出したダウンラインチーム1の初期投資の1%がボーナスとして入り、その人が出したダウンラインチーム1の初期費用の1%も入ります。これは無限の段数入ります。

ダウンラインチーム3

6、7、8人目に直紹介した人がダウンラインチーム2に適用され、この3人の初期投資の8%がボーナスとして入ります。

また、ダウンラインチーム3が出したダウンラインチーム1の初期投資の2%、ダウンラインチーム2の初期費用の1%も入ります。これも同じように無限の段数入ります。

ダウンラインチーム4

9人以降の直紹介がダウンラインチーム4に適用され、初期投資の9%がボーナスとして入ります。

また、ダウンラインチーム4が出したダウンラインチーム1の初期投資の3%、ダウンラインチーム2の初期費用の2%、ダウンラインチーム3の初期費用の1%も入ります。同じように無限の段数入ります。

ジェネレーショナルボーナス

もしダウンラインチーム4がダウンラインチーム4を出した場合、それより下位のダウンラインはレベルアップコミッションの対象から外されます。

その代わり、以降の人が購入したすべてのもの(初期投資、再投資)の1%がボーナスとして入ります(ジェネレーション1)。

ダウンラインチーム4のダウンラインチーム4のダウンラインチーム4が出た場合、それ以降の人が購入したすべてのものの0.5%がボーナスとして入ります(ジェネレーション2)。

ダウンラインチーム4のダウンラインチーム4のダウンラインチーム4のダウンラインチーム4が出た場合、それ以降の人が購入したすべてのものの0.5%がボーナスとして入ります(ジェネレーション3)。

CryptoGold(クリプトゴールド)総評

ドイツ運営で、名前と顔出しして運営されていることと、住所は公開されてないといはいえマイニング施設の写真もアップロードされています。

そこらの明らかに実体のないクラウドマイニング案件よりはマシでしょうが、ビットクラブ同様に投資の募集締め切りがなく、生涯配当と謳っているため、参加者が増えるにつれ設備投資が追いつかなくなり配当が少しずつ減っていくような気がしてなりません。

言語の壁と、情報が少ないため、新規会員の投資金を既存会員の配当に回しているポンジスキームになっているかどうかは今のところ判断はできません。

しかし、これは明らかに投資を募っている行為ですし、無許可でやっていることから国から何かしらの警告を受ける可能性は十分にあります。

報酬プランに関して言うと、MLMにあたる小売り(ビジネス権限を持たない会員)が存在しないため、末端会員が支払ったお金の一部が上位会員に吸い上げられていくピラミッドスキーム(ねずみ講)を形成しています。

このようなプランを走らせると、ダウンをリクルートし、500ドル以上の投資をさせ、ダウンに同じことをやらせるという連鎖が延々と起こり、そのお金がピラミッドの頂点に集まっていきます。この案件に関しては79ドル+50ドルの投資で参加できますが、紹介コミッションを貰えるからというトークで500ドル以上の高額出資を勧められやすいことも危険性として挙げておきます。

また、このような形のクラウドマイニングよりもコインをただホールドしているだけの方が昨年は遥かにリターンが良かったという点と、MLMが付いた投資のほとんどは詐欺であるという点には注意が必要だと思います。

投資の際はご注意ください。