今回は投資詐欺の手口と対策方法について書きます。

投資詐欺の手口

投資詐欺は、盗難やハッキングなどといった投資家の意図しない損失ではなく、甘い言葉で売り込み、投資家自らに意思決定させ、お金を出させるという特徴があります。

  • ターゲットに投資詐欺商品を売り込み、投資を決断させる
  • 頃合いを見て、運営は配当を停止し、行方をくらます

餌を用意し、そこにターゲットを引っ掛けるイメージですね。

どのように投資詐欺商品を売り込むのか

基本的な投資詐欺の手口はだいたいこんな感じです。

  1. 信用の獲得
  2. リスクが少なく、魅力的なリターンの提示
  3. 欲望の刺激
  4. 魅力的な紹介報酬

① 信用の獲得

  • 現役ファンドマネージャ、億トレーダー、外資系の投資ファンドといった嘘の肩書き
  • ○○年トレードの世界で利益を上げ続けているといった嘘の経歴
  • 「仮想通貨」「人工知能・AI」「アービトラージ」といった知らない人にとっては凄そうなキーワード

投資詐欺にはどれもよく使われます。

また、お金をかけて大きなイベントを打ち、そこに芸能人を呼ぶなどして会社を信用させる手口も一般的に使われています。

個人として信用を獲得する方法としては、高額な時計や車、ブランド品や札束などを見せびらかせて稼いでいると信じ込ませることが多いです。SNSで札束を見せびらかせている人のほとんどはフェイクです。

② リスクが少なく、魅力的なリターンの提示

投資詐欺で作られる商品は、一般的に証券会社で買えるような金融商品よりも圧倒的に利回りが良い(月利3%以上)のが特徴です。これに加えて元本保証といった低リスクを提示してきたら間違いなく詐欺です。

厄介なのは、詐欺師はこれを適当な理由を付けて正当化してくることです。

例えば、「人工知能を使ったトレードだからこれだけのリターンを出せる」「アービトラージだからノーリスクで儲けられる」「一般的に買える金融商品は利率が低く抑えられている」といった具合です。

騙されないようにしましょう。

③ 欲望の刺激

詐欺師は「購入者の多くが億り人になっている」、「人生を逆転させるならこれしかない」、「○○年後にはあなたも億万長者」といった言葉でターゲットの欲望を刺激します。

胡散臭い儲け話にあまり触れたことがない人、楽して稼ぎたいと思っている人、貧困に陥っている人ほどこの手のトークに引っかかりやすいと思います。

④ 魅力的な紹介報酬

投資詐欺にはMLM(ねずみ講)の仕組みがよく付いており、他人に紹介すれば紹介するほど自分の投資した分のリスクが少なくなるという仕組みになっています(紹介報酬を貰えるため)。

営業トークとしては、「何人に紹介し、その紹介者が同じように何人に紹介し…を繰り返していけばあなたはすぐに億万長者になります」といった感じが多いです。

運営は預かったお金を運用せずに、そのお金から紹介報酬を支払います。よって紹介報酬は多めに出すことができます。

そして集客がピークを迎えたところで配当を停止し、行方をくらまします。

他人に投資案件や儲け話を勧め、それが詐欺だとわかった場合は、自分も加害者扱いされてしまいます。これらのものを他人に勧める際は、かなり気をつけるべきです。

配当を停止した後の行動

投資詐欺の運営によっても色々で、いきなりサイトを閉鎖して跡形もなく消え去るところもあれば、「ハッキングを受けた」、「システムのトラブルが発生した」、といった理由を付けて配当を延ばし延ばしにさせていき、最終的に連絡が取れなくなるところもあります。

汚い運営の場合は、同じ人達に対し、違う詐欺や無価値な仮想通貨を売り込んでくる場合もあります。

「これで投資した分の損失を取り返しましょう」と声をかけてくるかもしれませんし、「あなたのお金を取り返します」と別方面から声をかけてくるかもしれません。

投資詐欺への対策方法

まず認識して欲しいのが、「投資するだけでほったらかしでサラ金から借りる以上の利回りを得られるような美味い話は存在しない」ということです。

そんな儲け話を探す暇があったら、せっせと働いたり、新しいスキルを身につける方が期待リターンは高いと思います。

次に、投資詐欺は人間の欲望を巧みに操り、お金を巻き上げるという点で、上記の投資詐欺の手口をよく理解することだと思います。

最後に、投資に対するリテラシーを身に着けることです。無知だと簡単にカモにされてしまいます。

また手当たり次第に怪しい投資案件を流してくる友人は、あなたの事を金づるとしか思っていないため距離を置いた方が良いと思います。

証券会社越しに投資を

個人から来る投資話よりも、証券会社越しに投資をする方が、詐欺を回避できる可能性が高まります。

一発逆転を狙うギャンブラーは卒業して、きちんとしたポートフォリオと運用計画を立てましょう。