今回は仮想通貨「True Life Coin(トゥルーライフコイン、TLCコイン)」の検証をしていきたいと思います。

仮想通貨「True Life Coin(トゥルーライフコイン、TLCコイン)」とは?

True Life Coin(トゥルーライフコイン、TLCコイン)とは、運営であるClub Sparkle(クラブスパークル)の製品、サービスの購入、イベントの参加などに使うことができる仮想通貨のようです。シンボル名は「$TLC」とあります。

よく見ると、「TLCトークン」と「TLCコイン」が別物として存在しております。最初はトークンを購入することで、コインへと替えることができるようです。

ただし、一度コインに替えると、トークンに戻すことはできず、クラブスパークルの商品に交換することもできなくなり、現状誰かに送金することも換金することもできないようです。

交換レートは随時変動するようです。「tlc.company(公式サイト)」には、5トークン=1コインという記載があります。

ちなみに、遡ると2015年11月から販売されているようです。

運営であるClub Sparkle(クラブスパークル)とは?

TLCコインを仕掛けているのは、Club Sparkle(クラブスパークル)というところです。経営者はAnthony Diaz氏とLani Dizon氏です。

この二人は、元々Zenza Life Scienceという健康食品のMLM企業を運営していました。

「Kaizen Studios」というスタジオも経営しており、映画制作事業も行っているようです。Breakという映画では、女優の石塚かえでさん(ヒラタオフィス)がヒロイン役として出演しています。

パナマ文書に経営者の名前

Club Sparkle(クラブスパークル)の経営者であるAnthony Diaz氏とLani Dizon氏は、パナマ文書に名前が載っています。

2人で「Uniglobal Holdings, Limited」、「One World Holdings Limited」を所有していましたが、2015年11月2日に2社とも手放し、代わりに「Chan Wai Man」という人物が株主になっていることがわかります。

この人物については、情報が少なく特定には至りませんでした(何か情報をお持ちの方はコメント欄にて教えていただけたら幸いです)。

「Uniglobal Holdings Limited」は公式サイト(uniglobalholdings.com)を持っており、そこには以下の文が記載されています。

UniGlobal is a closely held investment group which is incorporated in Hong Kong. The main objective is income and growth. The group primarily invests in precious metals, stocks, stock options, warrants and profit-sharing certificates issued by blue-chip corporations in Europe, North America and the Asian-Pacific region.

翻訳すると、「UniGlobalは、香港にて設立された非上場の投資グループです。 主な目的は収入と成長です。 当グループは主に、ヨーロッパ、北米およびアジア太平洋地域の優良企業が発行した貴金属、株式、ストックオプション、ワラントおよび利益分配証書に投資しています。」と書いてあります。

オフショアにて設立された資産運用会社といった感じに見えます。

そして、TLCコインの販売サイト(tlc.company)を見ると、「Uniglobal Holdings Limited」が販売元と記載されています。このことから、日本の法律に縛られないためにここを販売元にし、日本法人であるSparkle株式会社は代理店というスタンスで展開しているのでしょう。

ちなみにサイトに「6440 Sky Pointe Dr. 140424 Las Vegas, Nevada 89131」というラスベガスにある本部の住所が載っておりましたが、調べてみるとZenza Life Scienceの事務所として登録されているようです。

パナマ文書でも確認できますが、本当の登録住所は、香港にある「China Hong Kong City, 33 Canton Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong」という住所でしょう。

何やら一連の事業がごちゃごちゃになっている感じがします。

運営の所有サイト一覧

TLCコイン関連の公式サイトのサーバーは固定のIPアドレス(163.44.64.131、GMO)で運営されており、IPアドレスで検索すると以下のサイトがヒットしました。

  • biolera.com
  • kaizenstudios.com
  • perflection.com
  • purchasetlc.com
  • thebreakmovie.com
  • tlc.company
  • truelifecoin.com
  • uniglobalholdings.com
  • zenzaglobal.com
  • zenzaindonesia.com
  • zenzalifesciences.jp

これらのサイトは同一運営と見て間違いないでしょう。

biolera.comに関しては、ゼンザの住所ですが会社名が「Biolera Limited」と記載されています。香港に同名の会社がありましたがこれ以上はわかりません。

グローバルモール展開について

Club Sparkle(クラブスパークル)は、グローバルモールを展開し、その中でTLCコインを流通させるようです。

アリババと業務提携しており、グローバルモールにてアリババの製品が取り扱われるそうです。

これについてはアリババに直接裏を取ってみないとわかりませんが、提携という大それたことではなく、ただ単にアリババの商品を卸すだけのような気がしています…。

トークンの販売価格

TLCトークンは、以下の8つのパッケージを通して購入することができます。

上位パッケージを購入すると、なんと利息が付いてきます。

  • TLC Star Pack: 3万7500円、1500トークン
  • TLC Sky Pack: 8万1000円、3000トークン
  • TLC Dream Pack: 16万2000円、6000トークン
  • TLC World Pack: 32万4000円、1万2000トークン
  • TLC Elite Pack: 64万8000円、2万4000トークン、3%/年の利息付き
  • TLC Royal Pack: 97万2000円、3万6000トークン、6%/年の利息付き
  • TLC Crown Pack: 129万6000円、4万8000トークン、8%/年の利息付き
  • TLC Master Pack: 162万円、6万トークン、10%/年の利息付き

※どれも税別の価格であり、加えて3000円+税の会員登録料がかかります。

ホワイトペーパー、ロードマップは存在せず

TLCコインには、ホワイトペーパーやロードマップ自体が存在しません。仮想通貨と記載がありますが、総発行枚数などの技術的な説明も一切ありません。

誰が開発しているのかも公開されていませんし、こうなってくると、本当に実在する仮想通貨なのかどうかからして怪しいです。

上場時期について

調べてみると、TLCコインの上場は1~3年後、既に上場の準備は整っているといった事を言っているサイトが見つかります。

公式サイトのFAQの項目には、「将来はプライベート取引所で取引できるようになる予定です。」という記載があります。

このことから、上場先は有名な取引所ではなく、私設の取引所となるでしょう。

その時がくれば、おそらく公式から上場時期や、取引所名などのアナウンスが入ると思います。

ただTLCコインの販売が開始されてから、上場のアナウンスがないままもう2年以上経っています…。

TLCコインのチャートは存在せず

探している方が多いので念のため書きますが、TLCコインは現時点でどこの取引所にも上場していないため、チャートも現在のレートも存在しません。

TLCコインは換金できない

当然ながら、TLCコインは上場していないので換金できません。

TLCトークンの状態であればまだクラブスパークルの製品に交換することはできますが、ひとたびTLCコインに変えてしまうと現状何にも使えなず、換金も送金できない無価値なものになってしまいます。

加えて先述した通りいつ上場するかどうかも定かではありませんので、リスクが高いと思われます。

マイニングの不透明さ

現状、TLCコインをマイニングしている人を見たことがありません。

これについて調べてみると、専属の天才プログラマーがマイニングしているといった記述や、全てコンピューターでマイニングされるため、マイナーを必要としないといった記述を見かけます。

ちょっと何を言ってるのかわかりません…。

金融庁から警告を受ける可能性

TLCコインは日本語の公式サイト、日本語の資料が存在しており、無許可で日本人向けに仮想通貨を販売しているということで金融庁から警告を受ける可能性があります。

過去にはマカオに本社があるブロックチェーンラボが日本人向けにCtCという仮想通貨のセミナーをしているとして金融庁から警告を受けています。

TLCコインに関しても海外法人を立てて販売しているようですが、日本語が使われている時点で危険でしょう。

ホリエモンにTLCコインの営業をする猛者現る

余談ですが、TLCコインをあのホリエモンに営業した猛者が現れました。

堀江さん

最近、知人の勧めで上場前の暗号通貨(TLC)の投資を始めました。ネット上では詐欺だと言われまくっているコインです。

私も半信半疑なのですが、先日開かれた説明会で信じられない話を沢山聞きました。

私も暗号通貨について詳しくないのですが、
ブロックチェーンの生みの親のサトシ・ナカモトが近々メディアに現れるらしいんです。

サトシ・ナカモトにとってビットコインは試作品で、TLC(今後、違う名前に変わるそうです)が本命らしく、TLCのアンソニー・ディアズ会長、それ以外にも華僑やユダヤ人とタッグを組んで、最強のセキュリティ技術で、TLCを自由通貨として本気で決済のグローバルスタンダードにしようとしてるらしいです。

また、サトシ・ナカモトがメディアに出た時に、本人である証明として、1番目のブロックチェーンを公開する?みたいな事をするそうなので、私も良くわかりませんがヤバいらしい事は伝わってきます。

TLC購入者には、黒夢メンバーの清春さんが(しかも私の傘下のメンバーに)実際にいて、一番高いMasterランクのパッケージを購入しています。

極秘情報なので絶対に言わないでください!!

また、レディー・ガガもTLC購入するらしいです。これも超内緒です!!

TLCは半年以内に上場予定で、コインの分割?とかいうのをして単価を下げ、購入者を増やして価値を上げる戦略だそうです。

またユニオンペイを母体としたデビットカードも発行するらしく、
東京オリンピックまでに決済方法として普及を進めて、2〜3年後には価値が高騰して、数百億稼ぐ人がゴロゴロ出てくる事になります。

どれもネットには載ってない最新情報です!

もし堀江さんがご興味を持たれたら、是非TLC(クラブスパークル 社が運営)サイトからVIP登録とトークンのパッケージ購入をしてみてください。
(トークンはマイページからコインに交換する必要があります)

一番安いStarパックで約45000円です。

紹介ID:JP14112401
書面番号:10075

です。

何故こんなに情報提供するかと言うと、
堀江さんがパッケージ購入して下さると、10%紹介料が私に入るからです。笑

なので、説明会で「絶対に言うなよ!」とクギを刺された情報もシェアしました。

とにかく出てくる登場人物や企業や話のスケールがカオスで目が離せないです!
詐欺だと言って手を出さない人達は一生後悔するレベルです。

長々と、最後まで読んで下さって本当にありがとうございました。

もし興味を持って頂けるならば、今後も情報提供させていただきます!

堀江さん、これからも本にメディアにビジネスに、活躍して下さい。

  • サトシナカモトがメディアに現れる
  • サトシナカモトにとってビットコインが試作品でTLCコインが本命
  • レディーガガがTLCコインを購入

さすがのホリエモンも「こういう馬鹿が俺の本を買って信者面するからウザい」と一蹴。

こんな営業トークをしてて「不実告知」にあたらないのか心配です。

 

True Life Coin(トゥルーライフコイン、TLCコイン)のMLM報酬プラン

TLCコインのMLM報酬プランですが、購入による報酬と、クラブスパークルの報酬が合わさっていて少々複雑になっています。ここではTLCコインに絞って記載していきます。

  • NSB
  • シェアボーナス
  • シェアマッチ

NSB(ニュースパークボーナス)

俗に言う直紹介ボーナスのことです。

直紹介で出した人がTLCパッケージを購入した金額の10%が報酬として貰えます。

シェアボーナス

組織のメンバーがTLCパッケージを購入すると、STSシェア獲得ポイントと、STSプール加算ポイントが入ります。

  • TLC Star Pack: 3万7500STSシェア獲得ポイント、2万3500STSプール加算ポイント
  • TLC Sky Pack: 7万5000STSシェア獲得ポイント、4万500STSプール加算ポイント
  • TLC Dream Pack: 15万STSシェア獲得ポイント、8万6750STSプール加算ポイント
  • TLC World Pack: 30万STSシェア獲得ポイント、18万500STSプール加算ポイント
  • TLC Elite Pack: 60万STSシェア獲得ポイント、36万9000STSプール加算ポイント
  • TLC Royal Pack: 90万STSシェア獲得ポイント、55万7750STSプール加算ポイント
  • TLC Crown Pack: 120万STSシェア獲得ポイント、74万6000STSプール加算ポイント
  • TLC Master Pack: 150万STSシェア獲得ポイント、93万5000STSプール加算ポイント

左右にチームを作るバイナリープランを採用しており、「STSシェア獲得ポイント」が左右25000ポイントを達成することで1シェアを獲得することができます。1シェアあたりボーナスを貰えることができますが、金額は変動しているようです(3000~4000円?)。

STSプール加算ポイントについては、1シェア以上を獲得した会員全員に、シェア数に応じて分配されるようです。

シェアマッチ

条件を満たすと、組織メンバーが獲得したシェアボーナスの何割かを貰うことができます。

条件:

  • TLCパッケージを購入していること
  • 最低14000ポイントの月額購入をしていること(アクティブ)
  • 直紹介したアクティブな会員がバイナリーの左右に1人以上いること

自分が直紹介した人を1段目、その人が直紹介した人を2段目…という風に、規定の段数まで取れるユニレベルが採用されています。

SKYパッケージ以上の購入じゃないと適用されず、高額なパッケージであればあるほど、取れる段数が増えます。

  • 1段目: 15%(SKY Pack購入はここまで)
  • 2段目: 10%(Dream Pack購入はここまで)
  • 3段目: 5%(World Pack購入はここまで)
  • 4段目: 5%(Elite Pack購入はここまで)
  • 5段目: 5%(Royal Pack購入はここまで)
  • 6段目: 5%(Crown Pack購入はここまで)
  • 7段目: 5%(Master Pack購入はここまで)

True Life Coin(トゥルーライフコイン、TLCコイン)の評判

TLCコインのネットでの評判はかなり悪いと言えます。よく詐欺コインよばわりされています。

この評判の悪さですが、アンチ側の理由としてはやはり仮想通貨にあるはずのものがTLCコインに備わっていないのに加え、仮想通貨に関する知識がない人が展開するトンデモ理論での買い煽りが目につくことが挙げられます(サトシナカモトの話題を引き合いに出すなど)。

TLCコインは詐欺なのか

ではTLCコインが詐欺であるのかと言われれば、確たる証拠はありません。

ただし以下の観点から詐欺と言われても仕方ないと思います。

  • TLCコインのホワイトペーパー、ロードマップなどが一切存在しない
  • TLCコインという仮想通貨そのものが実在するのかどうかが怪しい、誰が開発しているのかもわからない
  • いつ上場するかもわからないし、上場したとしてもプライベートな取引所であるのにも関わらず「将来的に上場して爆上がりする」などといった煽りがひどい
  • サトシナカモトが近々メディアに現れる、サトシナカモトにとってTLCコインが本命、レディーガガが購入する、天才プログラマーがマイニングしているなどのトーク

コインが存在しないのに「仮想通貨」、「将来的に上場して高値で売れる」などと言って販売していたり、サトシナカモトやレディーガガを話題に出し、嘘をついて販売していた場合、これは詐欺にあたると思います。

True Life Coin(トゥルーライフコイン、TLCコイン)総評

これらを踏まえてTLCコインの総評に入りたいと思います。

まずAnthony Diaz氏とLani Dizon氏を取り巻くClub Sparkle(クラブスパークル)の一連の事業ですが、映画製作という実業を行っていることはプラス材料となるでしょう(というか資金力ありますね…)。

パナマ文書から、オフショアに会社を2つ持っているようですが、株主である「Chan Wai Man」という人物は表に出てきていないため、素性がわかりません。

TLCコインの販売に関しては、日本法人であるSparkle株式会社ではなく、香港にある「Uniglobal Holdings Limited」というところから行っているようです。

ただし海外法人であろうが、日本人が日本人に向けてICOの販売しているところを見ると金融庁から警告を受ける可能性があります。

ぶっちゃけかなり怪しい

TLCコインに関して言えば、これを仮想通貨と言って良いのかどうかというレベルで怪しいです。

技術的な記載、ホワイトペーパーなど一切見当たらず、ただ単に高値で売れるといった煽りばかりが目につきます。

しまいにはあのホリエモンに営業する人や、サトシナカモトが近々メディアに現れる、サトシナカモトにとってTLCコインが本命、レディーガガが購入予定、天才プログラマーがマイニングしているといったトークまで見られます。

公式も開発状況や詳細について何もアナウンスしないですし、会員が好き勝手でっち上げて誇大広告や不実告知による営業をしている感じが否めません。

というか本当にブロックチェーン技術を用いた「暗号通貨」なのかというところからして怪しく、個人的には単なる電子マネーなのではないかと思っています。

もしTLCコインという仮想通貨が実在しないのに「将来的に上場して値上がりする」と言って販売していた場合は詐欺にあたると思います。

用途としても自社サービスに使えるだけであり、特にブロックチェーン技術じゃないとだめといったことでもなく、単純にねずみ講目的でTLCコインを作ったとしか思えません。

ちなみにTLCトークンとTLCコインは別物で、トークンからコインへと替えると再びトークンには戻せず、サービスに使うこともできず、誰かに送ることもできず、換金もできません。現状はただのゴミだと言えます。

購入金額としては、最低37500円~と、高額な部類に入ると思います。

以上の観点からネット上の評判はかなり悪いですし、TLCコインはめちゃくちゃ怪しいと言わざるを得ません。

余談ですが私の友人が勧誘を受けた際に、「ホワイトペーパーは盗用されるため公開していない」といったことを言われたらしいです。

MLM報酬プランは危険

TLCコインの報酬プランを見ると、MLMでいう小売り会員(ビジネス権限を持たない会員)が一切存在しないことから、単に末端ビジネス会員が支払ったお金が上位会員に吸い上がっていくというピラミッドスキーム(ねずみ講)を形成していることがわかります。

シェアマッチボーナスを貰うためには14000ポイント分のオートシップが必須であり、これも同じように上位会員に吸い上げられていきます。

またシェアマッチボーナスに関して、自分が高額なパッケージを購入すればそれだけ取れる段数が増えるため、より多くの自己購入や、買い煽りを生みやすいプランとなっています。

MLMの報酬プランの中では危険な部類だと思います。

まとめると、映画関連の実業をしているのは良いことですが、いかんせんTLCコインに関しては危険だと言わざるを得ません。

投資は自己責任で。