True Life Coin、トゥルーライフコイン、TLCコインのロゴ

当記事では、True Life Coin(トゥルーライフコイン、TLCコイン)の検証をしていきたいと思います。

販売員による不実告知の嵐で、ひどいセールストークが入り乱れています。くれぐれもご注意ください。

True Life Coin(トゥルーライフコイン、TLCコイン)とは?

True Life Coin(トゥルーライフコイン、TLCコイン)とは、運営会社であるClub Sparkle(クラブスパークル)の製品、サービスの購入、イベントの参加などに使うことができる仮想通貨のようです。シンボル名は「$TLC」とあります。

よく見ると、「TLCトークン」と「TLCコイン」が別物として存在しております。最初はトークンを購入することで、コインへと替えることができるようです。

ただし、一度コインに替えると、トークンに戻すことはできず、またクラブスパークルの商品に交換することもできなくなり、現状誰かに送金することも換金することもできないようです。

交換レートは随時変動するようです。「tlc.company(公式サイト)」には、5トークン=1コインという記載があります。サイトがメンテナンス中になりました。

ちなみに、遡ると2015年11月から販売されているようです。

運営であるClub Sparkle(クラブスパークル)とは?

別記事にまとめましたので参照ください。

グローバルモール展開について

Club Sparkle(クラブスパークル)は、グローバルモールを展開し、その中でTLCコインを流通させるようです。

アリババと業務提携しており、グローバルモールにてアリババの製品が取り扱われるそうです。

これについてはアリババに直接裏を取ってみないとわかりませんが、提携という大それたことではなく、ただ単にアリババの商品を卸すだけのような気がしています…。

トークンの販売価格

TLCトークンは、以下の8つのパッケージを通して購入することができます。

上位パッケージを購入すると、なんと利息が付いてきます。

  • TLC Star Pack: 3万7500円、1500トークン
  • TLC Sky Pack: 8万1000円、3000トークン
  • TLC Dream Pack: 16万2000円、6000トークン
  • TLC World Pack: 32万4000円、1万2000トークン
  • TLC Elite Pack: 64万8000円、2万4000トークン、3%/年の利息付き
  • TLC Royal Pack: 97万2000円、3万6000トークン、6%/年の利息付き
  • TLC Crown Pack: 129万6000円、4万8000トークン、8%/年の利息付き
  • TLC Master Pack: 162万円、6万トークン、10%/年の利息付き

※どれも税別の価格であり、加えて3000円+税の会員登録料がかかります。

ホワイトペーパー、ロードマップは存在せず

TLCコインには、ホワイトペーパーやロードマップ自体が存在しません。仮想通貨と記載がありますが、総発行枚数などの技術的な説明も一切ありません。

誰が開発しているのかも公開されていませんし、こうなってくると、本当に実在する仮想通貨なのかどうかからして怪しいです。

上場時期について

調べてみると、TLCコインの上場は1~3年後、既に上場の準備は整っているといった事を言っているサイトが見つかります。

公式サイトのFAQの項目には、「将来はプライベート取引所で取引できるようになる予定です。」という記載があります。

このことから、上場先は有名な取引所ではなく、私設の取引所となるでしょう。

その時がくれば、おそらく公式から上場時期や、取引所名などのアナウンスが入ると思います。

ただTLCコインの販売が開始されてから、上場のアナウンスがないままもう2年以上経っています…。

TLCコインのチャートは存在せず

探している方が多いので念のため書きますが、TLCコインは現時点でどこの取引所にも上場していないため、チャートも現在のレートも存在しません。

TLCコインは換金できない

当然ながら、TLCコインは上場していないので換金できません。

TLCトークンの状態であれば、まだクラブスパークルの製品に交換することはできますが、TLCコインに変えてしまうと現状何にも使えなず、換金も送金できない無価値なものになってしまいます。

マイニングの不透明さ

現状、TLCコインをマイニングしている人を見たことがありません。

これについて調べてみると、専属の天才プログラマーがマイニングしているといった記述や、全てコンピューターでマイニングされるため、マイナーを必要としないといった記述を見かけます。

ちょっと何を言ってるのかわかりません…。

金融庁から警告を受ける可能性

TLCコインは日本語の公式サイト、日本語の資料が存在しており、無許可で日本人向けに仮想通貨を販売しているということで金融庁から警告を受ける可能性があります。

過去にはマカオに本社があるブロックチェーンラボが日本人向けにCtCという仮想通貨のセミナーをしているとして金融庁から警告を受けています。

TLCコインに関しても海外法人を立てて販売しているようですが、日本語が使われている時点で危険です。

ホリエモンにTLCコインの営業をする猛者現る

別記事にまとめましたので参照ください。

True Life Coin(トゥルーライフコイン、TLCコイン)のMLM報酬プラン

別記事にまとめましたので参照ください。

True Life Coin(トゥルーライフコイン、TLCコイン)の評判

TLCコインのネットでの評判はかなり悪いと言えます。よく詐欺コインよばわりされています。

この評判の悪さですが、アンチ側の理由としてはやはり仮想通貨にあるはずのものがTLCコインに備わっていないのに加え、仮想通貨に関する知識がない人が展開するトンデモ理論での買い煽りが目につくことが挙げられます。

TLCコインは詐欺なのか?

ではTLCコインが詐欺であるのかと言われれば、確たる証拠はありません。

ただし以下の観点から詐欺と言われても仕方ないと思います。

  • TLCコインのホワイトペーパー、ロードマップなどが一切存在しない
  • TLCコインという仮想通貨そのものが実在するのかどうかが怪しい、誰が開発しているのかもわからない
  • いつ上場するかもわからないし、上場したとしてもプライベートな取引所であるのにも関わらず「将来的に上場して爆上がりする」などといった煽りがひどい
  • サトシナカモトが近々メディアに現れる、サトシナカモトにとってTLCコインが本命、レディーガガが購入する、天才プログラマーがマイニングしているなどのトーク

コインが存在しないのに「仮想通貨」、「将来的に上場して高値で売れる」などと言って販売していたり、サトシナカモトやレディーガガを話題に出し、嘘をついて販売していた場合、これは詐欺にあたると思います。

また、「Club Sparkle株式会社」は仮想通貨交換業者ではないため、日本人に向けてICOの販売しているところを見ると金融庁から警告を受ける可能性があります。

ぶっちゃけかなり怪しい

TLCコインに関して言えば、これを仮想通貨と言って良いのかどうかというレベルで怪しいです。

公式も開発状況や詳細について何もアナウンスしないですし、会員が好き勝手でっち上げ、誇大広告や不実告知による営業をしている感じが否めません。

というか本当にブロックチェーン技術を用いた「暗号通貨」なのかというところからして怪しく、個人的には単なる電子マネーなのではないかと思っています。

用途としても、自社サービスに使えるだけであり、特にブロックチェーン技術じゃないとだめといったことでもないため、単純にねずみ講目的でTLCコインを作ったとしか思えません。

おまけに「TLCトークン」と「TLCコイン」は別物で、トークンからコインへと替えると再びトークンには戻せず、サービスに使うこともできず、誰かに送ることもできず、換金もできません。現状はただのゴミだと言えます。

購入金額としては、最低37500円~と、高額な部類に入ると思います。

以上の観点からネット上の評判はかなり悪いですし、TLCコインは危険であると言わざるを得ません。

余談ですが私の友人が勧誘を受けた際に、「ホワイトペーパーは盗用されるため公開していない」といったことを言われたらしいです…。

投資は自己責任で。