今回は「KanadeCoin(奏コイン、KNDC)」という仮想通貨、ICOの検証をしていきたいと思います。

追記: 奏コインの第1回AirDrop(エアドロップ)は定員に達しました。第2回は5月13日の受け付け開始となります。

仮想通貨「KanadeCoin(奏コイン、KNDC)」とは?

奏コインは、「スマホアプリの開発者やWebサイトの運営者等、サービスを提供している人にトークンエコノミーという選択肢を提供する、Ethereumベースのトークン」とあります。

要するに、簡単に仮想通貨決済を導入できるようにするプラットフォームということでしょう。

奏コインのシンボル名は「KNDC」で、総発行枚数は100億枚とあります。

ちなみに、奏コイン公式サイトに書かれているSKDとは、「ソフトウェア開発キット」の事を指すようです。

KanadeCoin決済を簡単に自社サービスへ組み込めるよう、専用のSDKを開発・提供いたします。

と書かれているのは、つまり奏コイン専用の開発キットが開発、提供されるということです。

奏コインの運営について

奏コインの運営は、執筆時点(4月9日時点)では非公開です。

公式サイトでSDKなどの専門用語がさらりと使われているあたり、作成者のエンジニア臭が物凄いんですが、調べてみると運営を知っているような人物のブログがありました。

昨日、エンジニアの知人もとうとう仮想通貨を開発してローンチ、エアドロップを開始しました。

運営陣は非公開です。これは「コミュニティ主体でトークンを育ててほしい」という観点から現状その形にしているとのことです。

彼の人とナリはよく知っていますし、個人情報も把握して首根っこは掴んでいるので(笑)、決してScamではないということは申し添えておきたいです。

ということらしいです。

奏コインに関してはおそらく大丈夫だとは思いますが、今後、紹介制度付きのエアドロップを謳った無料オファーを仕掛け、収集したメールアドレス向けに高額商材や塾、ICOの販売をするといったものが出てきそうな予感がしてなりません。

運営情報が公開されていないオファーは、今後も注意していくに越したことはないと思います。

奏コインのホワイトペーパーについて

奏コインのホワイトペーパーは、執筆時点ではまだありません。

あるのは公式サイトにある説明のみとなっています。

ホワイトペーパーに関する続報を待ちたいところです。

奏コインのロードマップについて

公式サイトに、奏コインのロードマップが公開されています。

2018.04.07KanadeCoin始動
2018.04.07AirDrop#1 受付開始
2018.04 上旬Discord開設
2018.04 中旬ロゴコンペ開始
2018.04.29〜AirDrop#1 配布(約40億枚)
2018.05 中旬KanadeCoin SDK 開発開始
2018.05 中旬ロゴ決定
2018.05.13AirDrop#2 受付開始
2018.05.31〜AirDrop#2 配布(約15億枚)
2018.06 中旬取引所上場
2018.09 頃KanadeCoin SDK ベータ版公開
2018.09 頃スマホアプリまたはWebサービスにKanadeCoin採用
2018.09〜10取引所上場(2箇所目)
2019.02 頃KanadeCoin SDK 正式版公開
2019.2Q以降KanadeCoinを採用したアプリケーションの開発
2019.2Q以降複数マホアプリまたはWebサービスにKanadeCoin採用

間近では、ロゴコンペにより奏コインのロゴが決定され、5月中旬頃からSDKの開発、6月中旬に取引所上場と動いていくようですね。

また奏コインの1回目のエアドロップは締め切られ、5月13日から、2回目のエアドロップがあるようです。

奏コインのエアドロップについて

奏コインの総数の55%が、エアドロップで配られるようです。

奏コインの第一回目のエアドロップは配布人数は35000人まで、一人あたり10万KNDCが配られます。こちらは既に定員に達し、締め切られました。

次回は5月13日なので、欲しい方は忘れずにメモしておきましょう。

AirDrop(エアドロップ)とは、簡単に言うと知名度の向上のために運営が仮想通貨をタダで配るということです。

奏コインのエアドロップを受けるには、MyEtherWalletなどのERC20トークンに対応したウォレットと、メールアドレスが必要です。

登録メールアドレス宛てのスパムが怖いのであれば、捨てメールアドレスで登録すると良いでしょう。

MyEtherWalletの開設方法

MyEtherWalletの開設方法を軽く説明しておきます(日本語表示できるのでそこまで苦労はしないかもですが)。

公式サイトにアクセスしたら、最初に注意説明が出てくるのでよく読みましょう。

パスワードを入れてお財布の作成ボタンを押します。パスワードは絶対に忘れないようにしましょう。

作成できたら、「お財布情報を見る」をクリックし、秘密鍵を入力すると、自分のアドレスというところに0xから始まるETHのアドレスが表示されます。

奏コイン公式サイトで、メールアドレスとETHアドレスを入力すればOKです。

登録したら、確認メールが届くので、記載されているURLにアクセスすると登録完了です。

奏コインのアフィリエイトについて

奏コインのエアドロップは、アフィリエイトすることができます。

自分の直紹介者を1段目とし、その人の紹介者(2段目)まで取れる、MLMで言うユニレベルが採用されています。

  • 1段目紹介報酬: 1万5000KNDC
  • 2段目紹介報酬: 5000KNDC

ただ、これは奏コインの第一回目のエアドロップなので、第二回目については報酬プランが変わる可能性があります。

仮想通貨「KanadeCoin(奏コイン、KNDC)」総評

仮想通貨「KanadeCoin(奏コイン、KNDC)」ですが、現時点では運営もホワイトペーパーも公開されておらず、実態は何も掴めません。

ただし、運営を知っていると思わしき人物のブログが存在しており、そこにはエンジニアであるという記載があります。まだ何もわかりませんが、奏コインは詐欺ではないと信じたいところです。

奏コインの第一回エアドロップは、メールアドレスとETHアドレスを入力することで無料で10万KNDCが貰えましたが、既に締め切られました。

奏コインの第2回エアドロップ受け付けは5月13日からです。

捨てメールアドレスとMyEtherWalletのアドレスだけで申し込みができ、リスクは少ないので受けてみると良いかもしれません。