今回は海外の仮想通貨取引所であるCoinExchange(コインエクスチェンジ)の登録方法、使い方、手数料、評判などをまとめていきたいと思います。

CoinExchange(コインエクスチェンジ)とは?

CoinExchange(コインエクスチェンジ)とは、2016年から運営されている海外の仮想通貨取引所です。

世界的に見るとマイナーな仮想通貨取引所ではあるのですが、日本人が作った仮想通貨が上場することが多く、また日本人の利用者が多いことでも有名です。

webサイトのアクセス数を客観的に見れるAlexaというサイトで調べてみると、記事執筆時点(4月25日)で日本からのアクセスが1位になっていることがわかります。

草コインの豊富さ

コインエクスチェンジでは、数多くの「草コイン」が購入できます。

草コインとは、時価総額が低い仮想通貨の事を指します。

コインエクスチェンジで取引できる、日本でそれなりに有名な草コインを挙げると、

  • Alis(アリス、ALIS)
  • StrongHands(ストロングハンズ、SHND)
  • Nanjcoin(なんJコイン、NANJ)
  • VIPSTARCOIN(ビップスターコイン、VIPS)
  • XP(エックスピー、XP)

などがあります。

コインエクスチェンジは全体の取引高も少なく、上記のコインや、ここにしか取り扱いがない草コインの売買用途がメインで使用されることが多いです。

どこの国の運営なのか

コインエクスチェンジの運営は匿名であり、どこの国で運営されているのか、また誰が運営しているのかも一切公開されておりません。

こういった匿名の仮想通貨取引所はいくつか存在しており、どれも急に閉鎖して逃げるというリスクが付きまとうため、危険度は高いと言えます。当サイトではコインエクスチェンジの利用はオススメしません。

ただ、ここにしかない銘柄もあるので利用せざるを得ない場合もあると思います。その際は、

  • 匿名取引所の危険性を十分に理解する
  • 余分な資産を預けっぱなしにしない
  • そもそも大金を預けない

という点に注意ください。

運営が飛ぶかどうかはわかりませんが、もし飛ぶとなった場合は前もって予告などするはずがありませんし、いきなりサイトに繋がらなくなり、預けていた資産が消失することでしょう。

CoinExchange(コインエクスチェンジ)の登録方法

コインエクスチェンジはさすがに匿名取引所なだけあり、メールアドレスだけで簡単に登録が可能です。

以下登録方法を載せておきます。

まずサイトにアクセスします。

画面右上にREGISTERとあるのでクリックします。

日本語で「メールアドレス」、「ユーザー名」、「パスワード」、「確認(パスワード再入力)」とあるので入力し、登録ボタンをクリックします。

すると記入したメールアドレス宛てにメールが送られてくるので、中にあるURLにアクセスすると登録完了です。

二段階認証の設定方法

二段階認証はハッキング防止のため必ず設定しておきましょう。

コインエクスチェンジでの二段階認証は、以下の手順で行います。

ログインして、右上の「MY ACCOUNT」→「Settings」と進みます。

「Manage Google Authenticator」というボタンをクリックすると、QRコードと「Enter Authentication Code」と書かれた入力欄が出てくると思います。

ここでスマホアプリの「Google Authenticator」というものが必要になるので、持っていない方はダウンロードしましょう。

Google Authenticatorを起動したら、iOS版であれば右上の「+」を押し、バーコードをスキャンをタップします。

するとカメラが起動するので、コインエクスチェンジ上に表示されているQRコードを読み取ります。

すると、一定時間ごとに切り替わる6桁の数字が表示されると思います。

この数字を、数字が切り替わらないうちに素早くコインエクスチェンジの「Enter Authentication Code」という部分に入力し、「Confirm Google Authenticator Activation」と書かれたボタンをクリックします。

上手くいけば完了です。

CoinExchange(コインエクスチェンジ)の使い方

以下、コインエクスチェンジの使い方を記載していきます。

入金方法

まずはコインエクスチェンジへの入金方法について解説します。入金はビットコインなどの仮想通貨のみで、日本円の入金などはできません。

ログインしたら、右上の「MY ACCOUNT」→「Balances」と進みます。

すると、取引できる仮想通貨一覧がずらずらと並んで表示されると思います。

ここでもし一覧が表示されていない場合は、右上にある「show all currencies」という緑色のボタンをクリックします。

例えばビットコインを入金したい場合は、BTCの欄の右にある「Actions」という青いボタンをクリックし、「Deposit BTC」と進みます。

すると、ビットコインの送金先アドレスとQRコードが表示されるので、そこに向けて送金すればOKです。

送金間違いがないよう、必ずアドレスは確認してから送金してください。

出金方法

続いてコインエクスチェンジからの出金方法を記載します。

ログインしたら、右上の「MY ACCOUNT」→「Balances」と進みます。

例えばビットコインを出金したい場合は、ビットコインの右の「Actions」をクリックし、「Withdraw BTC」をクリックします。

「Amount to Withdraw」に引き出したい金額を入れ、「BTC Withdrawal Address」に出金先アドレス、「Account Password」にパスワード、「Google Authenticator Code」に二段階認証の6桁の数字を入れて「Submit Withdrawal」をクリックします。

すると登録メールアドレス宛てに確認のメールが届くので、中に記載されているURLにアクセスすると完了です。

残高の確認方法

コインエクスチェンジで残高を確認するには、以下の方法を取ります。

ログインし、右上の「MY ACCOUNT」→「Balances」と進みます。

コイン一覧が表示されますが、「hide zero balance」という黄色いボタンをクリックすると、保有しているコインのみの残高が表示されます。

「BTC Value」という項目を確認するとわかりやすいと思います。

通貨ペアごとの取引量の確認方法

コインエクスチェンジの通貨ペアには、

  • ビットコイン建て(仮想通貨名/BTC)
  • ドージコイン建て(仮想通貨名/DOGE)
  • イーサリアム建て(仮想通貨名/ETH)
  • イーサリアムクラシック建て(仮想通貨名/ETC)
  • ライトコイン建て(仮想通貨名/LTC)

の5種類が存在します。

同じ通貨でも、通貨ペアによって一つは取引量が多く、一つは全く取引されていないといったことがあるため、必ず取引量が多い通貨ペアを確認するようにしてください。

ここではなんJコインを例に取引量の確認方法を説明してみたいと思います。

ログインしたら、上段にある「MARKETS」をクリックします。するとコインエクスチェンジ内で取引可能な通貨ペア一覧が出てきます。

初期では、「24hr USD Vol」と書かれているところが大きい順に通貨ペアが並んでいると思います。

基本的にこの「24hr USD Vol」が多いものを取引量が多い通貨ペアと判断します。

ちなみに「24hr Volume」と「24hr USD Vol」は違うので注意してください。USDの方を見るのが正解です。

実際に見てみましょう。

赤枠で囲った「Coin Name」の部分をクリックしてみると、名前順でコインが並びます。

下にスクロールしていくと、なんJコインを見つけられると思います。

コインエクスチェンジには、「NANJ/BTC」と「NANJ/DOGE」の2つの通貨ペアが存在しますが、24hr USD Volを見ると、NANJ/BTCの取引量の方が圧倒的に多い事がわかります。

このことからなんJコインを取引する際にはNANJ/BTCの通貨ペアチャートで取引すると良いので、購入の際は予めBTCを用意しておくと良いでしょう。

チャートの見方

次はコインエクスチェンジのチャートの見方について解説します。

コインエクスチェンジ内で、通貨ペアをクリックするとチャートが出てきます。

時間軸の変更方法

1hと書かれているところをクリックすると、チャートの時間軸を変更することができます。

1hは1時間足(いちじかんあし)の事であり、1時間ごとに1本分のローソク足が付きます。

コインエクスチェンジのチャートは、最短で1時間足(いちじかんあし)、最長で月足(つきあし)となっており、それより短い15分足などを表示することはできません。

ローソク足の見方

ローソク足の見方を軽く説明しておきます。

コインエクスチェンジだと緑が陽線(上昇)、赤が陰線(下降)となります。

  • 始値(はじめね): ローソク足が新しくなった時の最初の価格
  • 終値(おわりね): ローソク足が終わる時の最後の価格
  • 最高値(さいたかね): 最も高かった時の価格
  • 最安値(さいやすね): 最も安かった時の価格

どちらが始値でどちらが終値かは、ローソク足の色で判断することになります。また最高値(最安値)の線は、ヒゲとも呼ばれます。ヒゲが長い場合は、何らかの理由により急激に価格を戻したと見ることができます。

タイムゾーンの変更方法

コインエクスチェンジのチャートのタイムゾーンを日本時間に合わせる方法を書きます。

何かとわかりやすいので設定することをおすすめします。

チャートの歯車をクリックし、「Timezone/Sessions」と進むと、タイムゾーンのリストが出てきます。

UTC+9が日本時間となりますが、執筆時点だとなぜか1時間ずれていたのでUTC+10に合わせると良いでしょう。

これで日本時間に合ったチャートとなります。

テクニカル指標の付け方

歯車の右にあるアイコンをクリックすると、数々のテクニカル指標を表示させることができます。

数が多すぎて紹介しきれないので、ここでは一番有名な移動平均線を表示させてみます。

移動平均線は、英語では「Moving Average」と呼ばれます。

移動平均線を表示すると、チャートの左上に表示されます。その中の歯車(矢印部分)をクリックすると、パラメーターを変更できます。

移動平均線のパラメーターには、Length、Source、Offsetの3種類があります。

Lengthとは、移動平均線の計算期間の事を指します。10ならばローソク足10本分の平均を取ります。

Sourceとは、計算する元となるデータの事を指します。

  • open: 始値
  • high: 最高値
  • low: 最安値
  • close: 終値
  • hl2「(high+low)/2」: 最高値と最安値の中間
  • hlc3「(high+low+close)/3」: 最高値、最安値、終値の平均
  • ohlc4「(open+high+low+close)/4」: 始値、最高値、最安値、終値の平均

最後にOffsetを増やすと、数字の分だけ移動平均線がそのまま右に移動します。

コインの買い方、売り方

続いてコインエクスチェンジ内での仮想通貨の買い方、売り方を説明していきます。

どれかの通貨ペアをクリックすると、チャートが表示されると思います。

チャートの右側には、仮想通貨の情報が書かれておりますが、その中のBidとAskという部分を見てみましょう。

Bidは最高値の買い注文、Askは最安値の売り注文です。

上記の例でコインを購入する場合、Bidに書かれている0.00000020以下の値段で買い注文を入れると指値注文(順番待ち)、0.00000021以上で買い注文を入れるとどの値段で入れても成行注文(即時購入)となります。

同じように、コインを売却する場合は、0.00000021以上で売り注文を入れると指値注文(順番待ち)、0.00000020以下の値段で売り注文を入れると成行注文(即時売却)となります。

成行で購入する場合は、高い値段に注文を入れてもその値段で注文が約定するわけではなく、一番安い売り注文から順番に消化されるので、適当に高い値段に指定して購入しても問題はありません(売却時も同じ)。

下の方には、買い板と売り板が並んでいます。

左のSell Ordersと書かれている方が売り板、Buy Ordersと書かれている方が買い板です。

赤枠で囲った部分がコインの値段で、青枠で囲った部分がその値段に対してどれだけの金額の買い(売り)注文が入っているかが表示されています。

買い板、売り板いずれかにある値段をクリックすると、Buy(Sell)の部分のPriceに数字が入ります。

購入したい場合、「Amount」に購入したい分の仮想通貨(図の例だとNANJ)の数量を入れるか、「Total」に購入したい分のビットコインの数量を入れます。青枠で囲った部分をクリックすると、手持ちのビットコインの金額がTotalの枠に入ります。

売却したい場合も同じく「Amount」に売却したい分の仮想通貨の数量を入れるか、「Total」に売却したい分のビットコインの数量を入れます。青枠で囲った部分をクリックすると、今持っている仮想通貨の数量がAmountの枠に入ります。

それぞれ、「Submit Buy Order」もしくは「Submit Sell Order」を押すことで購入または売却ができます。

CoinExchange(コインエクスチェンジ)の手数料

続いてコインエクスチェンジの手数料について解説します。

売買手数料

コインエクスチェンジの売買手数料は、買い、売り共に一律で0.15%となっております。

これは指値注文をしても成行注文をしても変わりません。

つまり往復で0.3%の手数料がかかることになります。

例えば1万円分の取引をすると、

  • 10000円×0.003=15円

の手数料が片道でかかります。往復だとざっくり30円です。

入金手数料

コインエクスチェンジへの入金手数料は無料となっております。

出金手数料

コインエクスチェンジからの出金手数料は、各仮想通貨によって異なります。

代表的なものを挙げると以下の通りです。

  • ビットコイン: 0.0005BTC
  • ビットコインキャッシュ: 0.001BCH
  • イーサリアム: 0.01ETH
  • イーサリアムクラシック: 0.1ETC
  • ライトコイン: 0.01LTC
  • ドージコイン: 2DOGE
  • なんJコイン: 1NANJ
  • ビップスターコイン: 0.01VIPS
  • アリス: 1ALIS
  • ストロングハンズ: 0.1SHND
  • エックスピー: 1XP

その他の出金手数料については公式サイトをご確認ください。

CoinExchange(コインエクスチェンジ)のアフィリエイト方法

コインエクスチェンジは、アフィリエイト(紹介)により報酬を得ることができます。

ログインしたら、右上の「MY ACCOUNT」→「Affiliate Account」と進みます。

下の方に、アフィリエイトコードが発行されています。

コインエクスチェンジのURLの後に「?r=アフィリエイトコード」を埋め込むと良いでしょう。

アフィリエイトコード付きのURLを踏んだ場合、クッキーが30日間保存され、その期間内に口座開設がされると紹介したとみなされます。

アフィリエイト報酬

コインエクスチェンジのアフィリエイト報酬は、被紹介者が売買した時に発生した手数料のうちの何%かが貰える形になっております。

報酬に関しては、Maker(メイカー)手数料とTaker(テイカー)手数料で別々になります。

メイカー手数料とは、指値注文をして売買が成立した時に発生する手数料で、テイカー手数料とは、成行注文をして売買が成立した時に発生する手数料です。

コインエクスチェンジでは、売買時はどちらも一律0.15%となっておりますが、アフィリエイト報酬は変わります。

「Your Affiliate Rates」という項目を見ると、Maker手数料とTaker手数料の割合が載っています。

例えば、被紹介者が1万円分の成行売買をした場合、

  • 10000円×0.0015(売買手数料)×0.05(テイカー報酬レート)=0.75円

の収益となります。

アフィリエイト報酬は、被紹介者が取引した通貨ペアの右側の通貨(BTC、ETH、ETC、DOGE、LTC)を集計して、24時間に1回支払われるようです。

また、毎月トップアフィリエイターを集計しており、上位者のレートを優遇するなどの施策もしているようです。

CoinExchange(コインエクスチェンジ)への問い合わせ方法

何らかのトラブルがあり、コインエクスチェンジへ問い合わせをしたい場合は、上段のSUPPORTをクリックします。

するとサポートページが表示されます。

ここではFAQという形で使い方なども解説されており、問題も解決できる可能性もあるため、目を通してみましょう。

英語がわからない方はGoogle翻訳などを使うと良いと思います。

アカウントの作成方法

もしFAQを見ても解決できない場合は、アカウントを作成し、チケットを発行する必要があります。

コインエクスチェンジのアカウントを既に持っていても、サポートのアカウントは別に作る必要があります。

まずは右上のSign upをクリックします。

Full nameに本名、Emailにメールアドレスを入れ、私はロボットではありませんにチェックマークを入れ、Registerをクリックします。

するとメールが送られてくるので、中に記載されているURLをクリックします。

Enter Passwordに決めたパスワードを入力します。Retype Passwordに同じパスワードを再入力します。

これでアカウントの作成は完了です。

チケットの発行方法

チケットを発行して実際にお問い合わせするには、右側にあるNew support ticketをクリックします。

Requesterには、サポートアカウントの登録時のメールアドレスを入力します。

CoinExchange Usernameには、コインエクスチェンジ内で使用しているユーザーネームを入力します。

CoinExchange Email Addressには、コインエクスチェンジ内で使用しているメールアドレスを入力します。

Subjectには、お問い合わせの題名を入力します。

Typeには、お問い合わせのカテゴリーを入力します。

  • Deposit Issue: 入金時のトラブル
  • Withdrawal Issue: 出金時のトラブル
  • Login Problem: ログイン時のトラブル
  • 2FA Problem: 二段階認証のトラブル
  • Account Locked: アカウントが凍結された場合
  • Registration Problem: 登録時のトラブル
  • No Email Received: メールが届かない場合
  • Wallet in Maintenance: ウォレットがメンテナンス状態になっている場合
  • Site Error: サイトに不具合がある場合
  • New Coin / Token Addition: 新しいコイン(トークン)を上場させたい場合
  • Dev Coin / Wallet Update: コインの開発、ウォレットのアップデート(上場コイン開発者の場合)
  • Suggestions / Feedback: 要望、フィードバック
  • Other: その他

最後にDescriptionには、問題や質問などの詳しい説明を英語で記載します。

ここばかりは英語で難しいので、英語ができる人に頼むか、Google翻訳を利用すると良いと思います。

二段階認証の解除方法

スマホの故障や紛失などで二段階認証を解除できなくなった場合は、コインエクスチェンジのサポートに問い合わせをするしかありません。

その場合に必要になる情報は以下の通りです。

  • アカウントにある仮想通貨の残高(なるべく正確に)
  • 最後に入金した仮想通貨と金額
  • 最近ログインした時のIPアドレス
  • コインエクスチェンジのユーザーネーム
  • コインエクスチェンジで使用しているメールアドレス

これらの情報が提供できればできるほど解除の対応をしてくれる可能性が増えることでしょう。

CoinExchange(コインエクスチェンジ)の評判

コインエクスチェンジの評判は、正直何とも言えないといったところです。

今のところは明らかに詐欺であるような兆候は確認できませんが、やはり匿名の取引所なので急に飛ぶというリスクがあるというところに加え、入出金が反映されない(遅れている)、問い合わせに対する返信が遅いといったクレームもちらほら見かけます。

特にサポート機能に乏しいのは、何かあった際に致命的になるでしょう。

またコインエクスチェンジは海外取引所でもあり、問い合わせをする際にも英語を使う必要があります。英語が苦手な人だとその分何かあった時にリスクとなります。

どうしてもコインエクスチェンジにしかない草コインを取引したい場合もあるとは思いますが、リスクの部分もよく考え、時にはあえて取引を見送るという選択肢もありだとは思います。

投資は自己責任で。