今回は仮想通貨取引所内でビットコインなどの売買をする際に必須な、板情報の見方について解説したいと思います。板情報はトレードの際に必須なので、初心者の方は必ず覚えておくと良いです。

販売所には板がないので注意

板についての説明に入る前に、国内仮想通貨取引所には、かなり紛らわしい「取引所」と「販売所」が存在することについて触れておこうと思います。

販売所は業者が言い値で仮想通貨を販売する場所であり、板が存在しません。販売所は簡単に仮想通貨を購入できるため初心者のうちは使ってしまいがちですが、取引手数料が多くかかるため、板情報の見方をしっかりと覚えて、取引所で取引することをおすすめします。

画像はbitFlyerのサイト内です。

bitFlyerにログインすると、左のメニューには「ビットコイン販売所」と「ビットコイン取引所」の2つが存在します。

名前の通りですが、「ビットコイン販売所」ではなく、その下の「ビットコイン取引所」を選択するようにしてください。

こちらはZaifのサイト内です。

Zaifには、「簡単売買」と「取引」の2つがありますが、「簡単売買」の方には板がありませんので、「取引」の方を選択してください。

画像はcoincheckのログイン後の画面です。

coincheckには、「コインを買う」と「取引所」の2つがありますが、コインを買うの方は販売所なので選ばないようにしましょう。「取引所」を選択してください。

取引所に存在する板とは?

さて実際に取引所の板の説明に入りたいと思います。

仮想通貨取引所に存在する「板」というのは、仮想通貨の買い手と売り手を自動的にマッチングさせるシステムのことを指します。英語では板の事をOrder Book(オーダーブック)と言いますので、Binanceなどの海外取引所を使う際には覚えておくと良いです。

こちらは執筆時点でのbitFlyer内の板です。

投資家は、この板に向かって、

  • 〇〇円で1BTC分のビットコインを買いたい
  • 〇〇円で1BTC分のビットコインを売りたい
  • 今すぐ0.5BTC分のビットコインを買いたい
  • 今すぐ0.5BTC分のビットコインを売りたい

といったような「注文」を出します。

例えばビットコインを100万円で1BTC分買いたいという注文を出したとすると、同じ値段で同等の数量分の売りたいという注文を出した人がいれば、買い手と売り手でマッチングされ、取引が成立するという仕組みです。

価格が上下する仕組み

ただ単に同じ値段で同じ数量分の買いたい人と売りたい人をマッチングさせるだけなら、どうして仮想通貨の価格が上下するのか疑問に思う方もいるでしょう。

その原因は、今すぐ売り買いしたい人の存在にあります。

例えば、100万円に1BTC、101万円に0.5BTC、102万円に0.5BTCの売り注文が入っていたとします。

それに対して、今すぐ2BTCの購入をしたい人が現れた場合、

  • 100万円で1BTCの売り注文とマッチング
  • 101万円で0.5BTCの売り注文とマッチング
  • 102万円で0.5BTCの売り注文とマッチング

という作業が行われ、価格は100万円から102万円に上昇します。

このように、価格は今すぐ買いたい、または今すぐ売りたい人によって変動するのです。

板情報の見方

それでは具体的な板情報の見方を解説していきたいと思います。

板は、「買い板」と「売り板」、「気配値(けはいね/けはいち)」と「数量」の4つで構成されています。

また、注文が執行された履歴として、「歩み値」が存在します。

順番に説明していきたいと思います。

買い板と売り板

仮想通貨取引所の板には、買い板と売り板の2つが存在します。

こちらはコインチェック内に存在する板です。

上の赤で書かれたところが売り板で、下の緑で書かれたところが買い板です。

基本的に、「いくらで買いたい」という注文を出したい場合は、買い板に向かって値段と数量を入力します。逆に「いくらで売りたい」という注文を出したい場合は、売り板に向かって値段と数量を入力します。

続いてBittrex(ビットレックス)という海外取引所の板を見てみましょう。

こちらは、買い板と売り板が別々に分かれています。

赤枠で囲った部分が価格になりますが、上には「BID(BTC)」と「ASK(BTC)」という文字が書かれています。

このうち、BIDと書かれている方が買い板で、ASKと書かれている方が売り板となります。

また、買い板の値段をよく見ると、上に向かって価格が高くなっていますが、売り板の値段は下に向かって価格が高くなっているのがわかります。

それぞれ、上が「買い板の最高値」、「売り板の最安値」となっています。

このように、買い板と売り板が分かれている取引所も多いため、慣れておきましょう。

気配値と数量

続いて、気配値(けはいね/けはいち)と数量について解説していきます。

「気配値」とは、買い方、売り方が注文を出している値段の事を指します。読み方は、「けはいね」でも「けはいち」でも正解です。英語では、「Price」と言います。また買い側の気配値を「Bid」、売り側の気配値を「Ask」とも言います。

続いて「数量」は、値段に対してどれくらいの量の注文が入っているかを指します。買い注文の数量の事を「買気配数」、売り注文の数量の事を「売気配数」と言うこともあります。英語では、数量の事を「Size」と言います。

こちらはZaifのモナコイン/日本円の板です。

真ん中に赤枠で囲っている値段が「気配値」と呼ばれるものです。そして、右の赤枠で囲ったものが気配値に対しての買い注文の数量(買気配)で、左の赤枠で囲ったものが気配値に対しての売り注文の数量(売気配)です。

こうして見ると、360円と358円にかなり多い買い注文が入っていることがわかります。

歩み値

歩み値(あゆみね)は、実際に売買が成立した際の履歴が記録されます。歩み値は、英語では「Market History」もしくは「Trade History」と言います。

具体的には、

  • いつ
  • どれだけの数量が
  • いくらで

売買されたのかが記録されます。

ちなみに、注文が成立したことを「約定(やくじょう)する」と言うので覚えておくと良いと思います。

こちらはBinance(バイナンス)という海外取引所の歩み値です。

左が約定時の値段、真ん中が数量、右が時間となっております。

また、値段にはピンクと緑の色がついていますが、ピンクは売り注文が成立、緑は買い注文が成立したことを表します。

時間は上に向かって進んでいますが、ピンクの文字が続いている時は上に向かって値段が下がっているので売られていると判断できます。

成行注文と指値注文

板に対して出せる注文方法は、「成行注文(なりゆきちゅうもん)」と「指値注文(さしねちゅうもん)」の2種類があります。

成行注文は、値段を指定せず今すぐ買いたい、今すぐ売りたいという注文方法です。買いの成行注文を「成行買い注文」、売りの成行注文を「成行売り注文」と言います。

例えば成行買いをした場合は、一番安い売り板と注文がマッチングし、成行売りをした場合は一番高い買い注文がマッチングします。

例えば図のような板があったとして、1BTC分の成行買い注文を出した場合は、100万円で約定します。1BTC分の成行売り注文を出した場合は、99万円で約定します。

では2BTC分の成行買い注文を出した場合はどうなるでしょうか。

正解は、100万円で1BTCの注文、101万円で1BTCの注文が約定されます。

それに対して指値注文は、値段を指定して注文をする方法です。

自分で出した指値注文は板に載ることになり、誰かが成行注文をした際にマッチングして約定します。

他の人と同じ値段で指値注文を出した場合は、注文を出した順番が早い人からマッチングします。

買いの指値注文を「指値買い注文」売りの指値注文を「指値売り注文」と言います。

図では、96万円で1BTC分の指値買い注文を出したところです。

ここから成行売りが起こり、価格が下がり、96万円に到達すると初めて自分の注文が約定します。

97万円、98万円、99万円には合計3BTC分の指値買い注文が存在しており、それらが成行売りによって崩されるのをじっと待つのが指値注文だと言えます。

また、予想通り値段が96万円に到達したとして、0.5BTC分の成行売り注文が入った場合は、96万円で0.5BTC分だけマッチングされ、自分は0.5BTCだけ買えたことになります。残りの0.5BTCは、更に誰かが成行売り注文を出さないと買うことができません。

よって、成行注文はすぐに売買できるが値段が指定できない注文方法、指値注文は値段を指定できるがすぐに売買できない注文方法だと言えます。

ではこの板で、全員が指値注文をして誰も成行注文をしない場合はどうでしょうか。

正解は、売買が成立せず、価格は動きません。

価格は誰かが成行注文を出すから変動するのです。

板情報と歩み値の観察

トレードが上手い人は、板情報と歩み値を観察することで、今現在どのような注文が入っているのか(大口投資家が売買したのか一般投資家が売買したのかなど)を推測することができます。

例えば歩み値にとてつもなく大きな注文が入った場合は大口投資家(プロ)が取引したとわかりますので、追従すべきだ推測できます。

また大口投資家は自分が買っていることを悟られないために、複数回に分けて細かく買ったり売ったりするケースもあります(これをアイスバーグ注文と言います)。それも板情報や歩み値をじっと眺めることで、明らかに普通じゃない取引を見つけて見抜けることがあります。

仮想通貨のアービトラージを行っているbotの戦略も、板情報や歩み値を見ることである程度推測することができるかもしれません。

中には実際に取引する気がないのに板に大量の買い注文を出して、買いたい人が大勢いると演出する手法を取る人もいます。これを見せ玉(みせぎょく)と言います。これもじっくり観察することで看破できるでしょう。

板情報と歩み値には他のプレイヤーの戦略や取引の情報が詰まっているので、観察してみることをおすすめします。

実際に板に注文を出してみよう

板の見方を一通り解説したので、最後に実際に取引所の板に注文を出す方法を解説します。

こちらはbitFlyerの注文画面です。

数量に買いたい(売りたい)BTCの数量を入力し、価格に注文を出したい値段を入力します。

例えば買い注文を出したい時は、買い気配値に出せば指値注文、売り気配値に出せば成行き注文となります。

例えばこのような板だと、100万円以上で買い注文を出すと強制的に成行注文になります。99万円以下で買い注文を出すと普通に指値注文になります。

成行注文を出す際には、103万円を指定して購入しても103万円の売り注文とマッチングするわけではなく、売り注文の最安値である100万円から順番にマッチングするので大丈夫です。

この仕様は一見わかりづらいのですが、どこの取引所もだいたい同じような方法で注文を出すことになるので慣れましょう。

こちらはZaifの注文画面です。

一番上にて買いと売り注文なのかを選択し、右側では指値注文か成行注文かを選択できます。

更に買いたいBTCの量を入力したら、日本円換算での金額も出てきて親切です。

リミット売りというのは、買った値段よりも更に高い値段に前もって売り注文を出しておくときに使います。

例えば今のビットコインの価格が100万円だとして、99万円に指値買い注文を出し、101万円にリミット売り注文を出すと、99万円に落ちた時に買われ、101万円になった時に売られます。

最後にcoincheckの注文画面を載せておきます。

こちらもbitFlyerと同じように、買い気配値に買い注文を入れれば指値注文、売り気配値に買い注文を入れれば成行買いとなります。

通常は注文量のところに買いたい(売りたい)BTCの数量を直接入力しますが、coincheckの場合は、概算のところに日本円換算で買いたい(売りたい)金額を入力することができます。

海外の仮想通貨取引所に関しても、基本的にはbitFlyerやcoincheckのような買い方、売り方をマスターしておけば対応できると思います。