今回はバイナンスの情報や登録方法、使い方、手数料、アフィリエイト方法などをまとめていきます。

目次

バイナンス(Binance)とは?

バイナンス(Binance)とは、海外の仮想通貨取引所です。

バイナンスの取引高は、現時点で世界の仮想通貨取引所の中でも1、2を争うほどであり、仮想通貨においては有名な取引所の一角です。

創業者兼最高経営責任者は、「趙長鵬(Changpeng Zhao、通称CZ)」氏です。

バイナンスの公式関連サイトも載せておきます。

バイナンスの名前の意味

バイナンスの名前の意味としては、Binary(バイナリー)+Finance(ファイナンス)を合わせてBinance(バイナンス)とされたようです。

バイナリーとは二進法という意味があり、ファイナンスは経済という意味があります。

取り扱い通貨数について

バイナンスはの取り扱い通貨数はかなり多いと言えます。具体的な取り扱い通貨数は変動的ではありますが、Coinmarketcapを見ればわかります。

執筆時点では、338もの仮想通貨が登録されていました。

登録者数について

バイナンスの登録者数は、2018年3月15日に出されたレポートによると790万人(アカウント数)と書かれています。

特筆すべきは到達までの速さで、たった97日(3ヶ月ちょっと)で100万人から790万人に到達したようです。

3月時点で790万人でしたので、6月現在は800万人を超えているのは間違いないでしょう。もしかすると900万人も超えているかもしれません。

ハードフォークによるコインの付与方針

バイナンスは、すべてのハードフォークに対応すると宣言しています。

ハードフォークとは、ものすごく簡単に説明すると仮想通貨に変更を加え、変更前と後で別々のコインとして分裂することです。

例えばビットコインは過去にハードフォークが行われ、元々の仕様のビットコインと、新仕様のビットコインキャッシュに分裂しました。

仮想通貨を取引所に預けた状態でそのコインにハードフォークが行われると、同じ枚数分の分裂後の仮想通貨も付与されることがあります。

しかし取引所によっては、分裂後の仮想通貨を付与しない方針を打ち出すところもありますし、声明を出すのが遅く、ギリギリまで分裂後のコインを貰えるかどうかはっきりしないところも存在します。

そんな中、バイナンスは最初からハードフォーク後のコインを付与するという姿勢を打ち出していますので、ハードフォークの際に迷ったらバイナンスに預けておくと間違いないと思われます。

投票制度について

バイナンスでは、上場して欲しい仮想通貨をユーザーが投票できる「Community Coin per Month」というイベントが度々行われます。

投票には0.1BNB必要で、優勝した仮想通貨はバイナンスに上場します。

ただしこのイベントは、2月以降は行われていないようです。

投票は、以下のURLで確認できます。

日本語が消失した過去

以前はバイナンスは日本語の表示が可能でしたが、2018年1月中旬に突如日本語が削除されました。

その原因としては、日本の金融庁がバイナンスに対して日本語表記を削除するように指示したことによるものです。

現在も日本語の表示はできないままであり、また当分は復活は不可能かと思われます。

バイナンスを利用する際には英語に慣れるしかありません。

日本の金融庁がバイナンスに対して警告

日本語の削除指示に留まらず、日本の金融庁は、今年3月半ばにバイナンスに対して「無登録で日本人に向けて仮想通貨取引所を営業している」として改正資金決済法に基づく警告を出しました。

これを受けて、バイナンスは日本に置いていたサーバーを撤去しました。

バイナンスは既にサイトから日本語を削除していますし、日本に置いていたサーバーも撤去したということで、これ以上日本人に向けて営業しているという根拠もないため、金融庁は今の所これ以上の警告は出していません。

更にバイナンスは登録ユーザーに対して本人確認書類の提出を義務付けてもいないため、注文通りに日本人のみを締め出すのは不可能です。

ただし、今後政府がどう動くかはわかりませんので、そこだけは要注意です。

拠点をマルタに移転

日本の金融庁による警告を受けて数日後、バイナンスは本拠地の住所を香港からマルタに移転すると発表しました。

マルタといえば、仮想通貨の中心都市を目指して法整備を積極的に行っている国です。

最近ではマルタの銀行口座を開設したと発表し、今後は法定通貨を絡めた展開も見込まれそうです。

バイナンスの偽サイトに注意

バイナンスは世界有数の取引所だけあって、バイナンスを騙った偽サイト(フィッシングサイト)も数多く存在します。

特にGoogleの検索連動型広告に載っているバイナンスのURLには注意してください。

「広告」と書かれている方は検索連動型広告であり、バイナンスの正規のURLよりも上に表示されます。上の広告は、アフィリエイトリンクが仕込まれています。おそらく誰かがバイナンスの公式を騙って広告を出しているのでしょう。

まれにこの検索連動型広告を使ってフィッシングサイトに誘導する詐欺師がいますので、広告ではない正規のURLをクリックすることをおすすめします。

また、ログイン時には必ずURLを確認して、「www.binance.com」のドメインになっているかご確認ください。

バイナンスの評判

バイナンスの評判としては、やはり世界有数の取引所だけあって良いと言えます。

その中でも、

  • 他の取引所と比べて取引手数料が安い(後述)
  • 取引できる通貨が豊富
  • すべてのハードフォークでコイン付与を宣言
  • すぐに口座開設ができる
  • 本人確認書類の提出が必須ではない

といった点はメリットとして素晴らしいと言えます。

ただし何もかもが良いと言えるわけでもなく、デメリットも存在します。

  • PCが古いと取引画面が重い
  • 日本語がなくなったので英語表記に慣れるしかない
  • 法定通貨(日本円など)の取り扱いがない

これらの点には注意が必要です。

バイナンスの登録方法

それではバイナンスの登録方法を説明していきます。

元々は日本語表示ができたのですが、現在はできないので英語での登録となります。

順を追って説明していきます。

まずは公式サイトにアクセスしましょう。

サイトの右上にある「Register」ボタンをクリックします。

フォームに以下を入力していきます。

  • E-mail: メールアドレス
  • Password: パスワード
  • Confirm Password: パスワードを再入力

パスワードは、8桁以上かつ大文字と数字が含まれている必要があります。

記入が終わったら、「I agree to Binance’s Terms of Use」にチェックマークを付け、「Register」ボタンを押します。

誰かのアフィリエイトリンクを踏むと画像の招待IDの欄に数字が入ります。基本的に登録者にデメリットはないため、誰かからの紹介で入ることをおすすめします。

下のスライダーを動かして、パズルを合わせます。

極まれにパズルが消失するので、その場合はもう一度合わせます。

完了すると、登録したメールアドレス宛にメールが届きます。

中にに記載されているURLをクリックすると、登録完了です。

登録後メールが届かない場合の対処法

バイナンスに登録したメールアドレス宛にメールが届かない場合は、

  • メールアドレスが間違っている
  • 迷惑メールフィルターに引っかかっている

のいずれかが考えられます。

迷惑メールフィルターですが、迷惑メールフォルダにメールが入っていれば良いのですが、稀に英文のみで送られてくるメールを拒否する設定のものがあります。

バイナンスから送られてくるメールは英文のみなので、どうしても届かない場合は違うメールアドレスで試してみるか、メールの設定を見直してみる必要があると思います。

バイナンスにログインしてみよう

バイナンスの登録が終わったら、早速ログインしてみましょう。

バイナンス公式サイトの右上の「Log In」をクリックします。

先程登録したメールアドレスとパスワードを入力し、「Log in」をクリックします。

パズルが出てくるので合わせるとログインができます。

もし二段階認証(後述)を設定していた場合は、入力を求められます。

入力が終わればログインができます。

パスワードを忘れた場合

バイナンスのログインパスワードを忘れた場合は、以下の手順で再発行します。

バイナンス公式サイトの右上の「Log In」をクリックします。

下にある「Forgot Password?」と書かれた場所をクリックします。

Reset Passwordと出てくるので、メールアドレスを入力してSubmitボタンを押します。

パズルが出てくるのでスライドして合わせます。

メールが送られてくるので、Reset Passwordと書かれたボタンまたは記載されているURLをクリックします。

新しいパスワードの設定画面に行くので、新パスワードと再入力をし、Submitボタンを押します。

パスワードは8桁以上かつ、大文字と数字が含まれたものである必要があります。

パスワードを再発行した場合は、24時間経たないと出金ができなくなります。

二段階認証の設定方法

バイナンスに初回ログインができたら、二段階認証の設定をしましょう。

二段階認証はハッキングのリスクを大幅に下げるため、必ず設定するようにしてください。

二段階認証を設定していない状態でバイナンスにログインすると、画像のような警告画面が出てきます。

「Google Authentication」をクリックします。

Google Authenticatorを持っていない場合はアプリをダウンロード、インストールしましょう。

インストールが完了したら、Next Stepをクリックします。

Google Authenticatorを起動し、iOSの場合は右上の「+」→「バーコードをスキャン」と進み、QRコードを読み取ります。

上手く読み込むと、1分ごとに変わる6桁の数字が出てくるはずです。

次に画像の黒で塗りつぶした部分に表示されている16桁のコードを控えておきます。

このコードを使えば、万が一スマホを無くした場合に復元できます。

先程控えた16桁のコードと、バイナンスのログインパスワード、そしてGoogle Authenticationに表示されている6桁の数字をそれぞれ入力し、「Enable Google Authentication」ボタンをクリックします。

Successと表示されれば二段階認証の設定は完了です。

二段階認証の解除方法

ついでにバイナンスの二段階認証の解除方法についても触れておきます。

3つのパターンにおいてそれぞれ解説していきます。

  • ログインができる場合
  • ログインはできないが16桁のコードを控えている場合
  • ログインもできず、16桁のコードも控えていない場合

ログインができる場合の二段階認証の解除方法

スマホの機種変更を行う前など、一時的にバイナンスの二段階認証を解除したい場合、以下の手順の通り行います。

ログインして、人のアイコン→Accountと進みます。

色々な項目が出てきますが、その中のGoogle Authenticationの項目の、「Disable」ボタンをクリックします。

ログインパスワードと二段階認証コードを入力し、「Submit」ボタンをクリックします。

ログインはできないが16桁のコードを控えている場合

携帯が故障したり、紛失したりで二段階認証のアプリが使えなり、バイナンスにログインができなくなった場合、最初に二段階認証を設定した時に控えた16桁のコードを持っていれば簡単に復元できます。

この場合、わざわざ二段階認証を解除する必要もありません。

まずは、新しいスマホでGoogle Authenticatorのアプリをインストールしてください。

次に、iOSの場合は右上の「+」→「手動で入力」と進みます。

アカウントには、自分がわかりやすい名前を入力します。例えば「Binance.com」とかです。

キーに16桁のコードを入力します。

これで復元が完了します。

ログインもできず、16桁のコードも紛失した場合

携帯が故障したり、紛失したりで二段階認証のアプリが使えなり、バイナンスにログインができなくなった場合で、かつ登録時に控えた16桁のコードも紛失した場合は、以下の手順で二段階認証を解除します。

まずは通常通りログイン画面からメールアドレスとパスワードを入力し、二段階認証の入力画面まで進めます。

Submitの下に「Lost Your Google Authenticator?」と書かれている部分があるのでクリックします。

注意書き2箇所にチェックマークを付けます。

内容としては、

  • 二段階認証を外すとセキュリティが弱くなるので、ログインに使用するメールアドレスとパスワードを頑丈なものにしておくことと、二段階認証が外れたあとはすぐさま二段階認証を設定しなおす事
  • 二段階認証の解除は手動で行うため、2日以上かかる可能性があり、出金申請に関しては二段階認証が解除されてから48時間経過しないと行えない

と書かれています。

了承しチェックマークを付けたら「Confirm Your Reset Request」ボタンをクリックします。

すると登録メールアドレス宛にメールが届くので、中に記載されたURLをクリックします。

ここからはおそらくランダムな質問になります。

私の場合は「FUN」という仮想通貨の入金(Deposit)アドレスを求められました。

英語がわからない方はひとまずGoogle翻訳を使って英訳してみてください。

本人確認書類の提出方法

バイナンスに本人確認をしないまま使うと、24時間以内に2BTCまでしか出金ができないという縛りがあります。

2BTCというと、1BTC=80万円とすると160万円です。

ただし数日に渡って2BTCずつ出金もできるため、1000万円を超えるような金額を預けていない限りは本人確認は必要ないと言えます。

本人確認書類の提出が済むと、アカウントがLv2になって、1日に100BTCまで出金ができるようになります。

本人確認書類の提出には、運転免許証、パスポート、または政府が発行するIDカードのいずれかが必要になります。

具体的な提出方法は以下の通りです。

まずはログインして、人のアイコン→「Account」と進みます。

「Submit Verification Documents」をクリックします。

こちらは個人(Personal)か法人(Enterprise)かを選ぶ項目ですが、基本的に個人での登録として進めていきます。

「Personal」をクリックします。

まずID TypeはOtherを選択してください。

Given Nameは下の名前で、Surnameは名字です。それぞれローマ字で入力します。

Sexは性別です。Maleが男性、Femaleが女性です。該当する方にチェックマークを付けます。

Country/territoryには、「Japan」と入力します。

Passport/ID Numberには、パスポートまたは運転免許証に記載された番号(または英数字)を入力します。

こちらはパスポートまたは運転免許証のアップロード画面です。

Choose Fileボタンをクリックし、パスポートの表紙、もしくは運転免許証の表面をアップロードします。

注意点として、写真の拡張子はJPGでなければなりません。

スマホからやってうまくいかない場合は、写真を一度パソコンに取り込んで、拡張子を変更すると良いでしょう。

同じように、パスポートの顔写真のページ、または運転免許証の裏面をアップロードします。

最後にパスポートまたは運転免許証と一緒に撮ったセルフィ(自撮り)写真をアップロードします。

紙に「Binance」と書き、今日の日付を入れた紙を用意し、一緒に撮ります。

すべて完了したら、Submitボタンをクリックして完了です。

メールアドレスの変更方法

バイナンスの登録メールアドレスの変更は、非常に手間がかかります。

前提条件として、以下が必要です。

  • 本人確認書類の提出をしてアカウントをLv2にする
  • Lv2の状態で7日間以上経過する

またメールアドレス変更後、5日間は出金ができません。

まずはお問い合わせにてメールアドレス変更の旨を伝えます。

「Please select your issue below」で「Help with Account」を選択、

「Help with Account」に「Change Account Email」選択します。

「Binance Account Email」には、元々登録しているメールアドレスを入力します。

「Subject」には、「I want to change my E-mail address」とでも入れておきます。

「Description」には、「I want to change my E-mail address from “旧メールアドレス” to “新メールアドレス”.」とでも入れます。

これでバイナンスから具体的な手順を記載したメールが送られてくるはずです。

必要なものは以下の通りです。

  • メールに送られてくる認証コード
  • パスポートの表紙と顔写真欄の2枚、もしくは運転免許証の裏表の写真2枚
  • 紙に今日の日付(月, 日, 年)と「Binance」と書き、身分証と共に写ったセルフィー写真
  • 紙に「change account email from “旧メールアドレス”  to “新メールアドレス”」と書き、現在の時間と今日の日付(月, 日, 年)、「Binance」と書き、パスポートの表紙と顔写真欄、もしくは運転免許証の裏表を自分が手に持って自撮りしたビデオを撮影し、更にその中で口頭で「Please change my Binance email」と言う。
  • 最後に入金した記録と、送金履歴のスクリーンショット画像
  • 新しいメールアドレス

非常に面倒なので、新しくアカウントを作る方が手っ取り早いかもしれません。

パスワードの変更方法

バイナンスのログインパスワード変更は、以下の手順で行います。

ログインして、人のアイコン→Accountと進みます。

Login Passwordと書かれた欄があるので、Changeボタンをクリックします。

「Old Password」には旧パスワード、「New Password」には新パスワード、「Confirm Password」には新パスワードの再入力をして、「Change Password」ボタンをクリックします。

パスワードは、8桁以上、大文字と数字を含めるものである必要があります。

バイナンスのアプリについて

バイナンスにはWindows版、Mac版、Android版のアプリが用意されていますので、インストールしておくとよりスムーズに取引ができるはずです。

特にPCのスペックが足りなく、取引画面重い場合は、アプリをダウンロードして取引することをおすすめします。

アプリは以下のページからダウンロードできます。

iOS版(iPhone、iPad)アプリについて

バイナンスは以前iOS版(iPhone、iPadなど)のアプリも公開していたのですが、何らかの違反があったのか現時点でApp Storeから削除されています。

これに関しては、いずれ復活するとは思いますので待ちましょう。

バイナンスの手数料解説

次はバイナンスの手数料体系(入出金、取引手数料)について説明していきます。

入金手数料

バイナンスの入金手数料は、無料です。

ただしもちろん送金する側の手数料はかかります。

出金(送金)手数料

バイナンスの出金手数料は、各仮想通貨によって異なります。

それぞれの仮想通貨の出金手数料の一覧は以下から見れます。

また手数料は各仮想通貨のブロックチェーンの状態により随時変動するようです。

売買手数料

バイナンスの売買手数料は、メイカー、テイカー手数料共に一律0.1%となっております。

メイカー手数料とは、「指値注文」時にかかる手数料の事で、テイカー手数料とは、「成行注文」時にかかる手数料です。

指値注文、成行注文などの用語がわからない方は以下の記事を参照ください。

参考までに、日本人がよく使う他の海外取引所との比較も載せておきます。

  • OKEX: メイカー0.15%、テイカー0.2%(取引金額により変動)
  • Huobi: 一律0.2%
  • Bitfinex: メイカー0.1%、テイカー0.2%(取引金額により変動)
  • HitBTC: メイカー-0.01%、テイカー0.1%
  • CoinExchange: 一律0.15%
  • Bittrex: 一律0.25%
  • Poloniex: メイカー0.1%、テイカー0.2%

比較してみると、一律0.1%は他の海外取引所と比べても安い方だと言えます。

BNBを使うと更に手数料割引

バイナンスの更に凄いところは、バイナンスコイン(Binance Coin、BNB)という、バイナンスが独自発行する仮想通貨を売買手数料として使用することで、更に割引を受けることができるところです。

割引率はバイナンスの運営年数によって変動するようです。

  • 1年目: 50%割引
  • 2年目: 25%割引
  • 3年目: 12.5%割引
  • 4年目: 6.75%割引
  • 5年目以降: 割引なし

現在は50%割引なので実質0.05%(半額)で取引ができ、おそらく今年の7月あたりで2年目(25%割引)になると予想されます。

ただし二年目でも実質0.75%の手数料なので安いと言えます。

手数料の支払いにBNBを使うかどうかは、ログイン後に設定ができます。

人のアイコン→Accountを選択します。

「Using BNB to pay for fees」と書かれている項目があるので、ONにします。

もし取引時に手数料分のBNBがない場合は、割引されません。

バイナンスの使い方

バイナンスの基本的な使い方(入出金方法や売買の仕方など)について説明していきたいと思います。

残高の確認方法

まずはバイナンスでの残高の確認方法から解説していきたいと思います。

残高は、ログインして人のアイコン→「Estimated Value」をクリックします。

すると残高一覧が並びます。

残高の項目の上には、上記の項目があります。

左の虫眼鏡の項目に仮想通貨名を入れると、特定のコインの残高がすぐにわかります。

Small balancesにはHideとConvert to BNBの2つの項目があります。

「Hide」にチェックを付けると、小額(0.001BTC以下の残高)の仮想通貨を一覧から除外、「Convert to BNB」は、小額の仮想通貨をBNBに替えることができます。

入出金方法

続いてバイナンスの入金、出金(送金)方法について説明します。

現時点では日本円や米ドルなどは入金できないため要注意です。

入金できるのはビットコインなどの仮想通貨です。

入金方法

バイナンスの入金をするには、以下の手順で行います。

ログインして、人のアイコン→Estimated Valueと進みます。

コインの一覧が出てくるので、検索欄にコイン名を入力します。

ビットコインの場合は、「bitcoin」または「BTC」と入れると出てきます。

出てきたら、対象仮想通貨の右側の「Deposit」ボタンをクリックします。

ビットコインの場合は、下の方に「BTC Deposit  Address」として入金先のアドレスが表示されていますので、そちら宛に送金すれば反映されます。

「Show QR Code」ボタンを押すとQRコードが表示されます。Copy Addressボタンを押すと、アドレスがコピーされます。

宛先の入力ミスがないように、送金前に確認するようにしてください。

出金方法

バイナンスの出金(送金)をするには、以下の手順で行います。

ログインして、人のアイコン→Estimated Valueと進みます。

コインの一覧が出てくるので、検索欄にコイン名を入力します。

ビットコインの場合は、「bitcoin」または「BTC」と入れると出てきます。

出てきたら、対象仮想通貨の右側の「Withdrawal」ボタンをクリックします。

ビットコインの場合は、「BTC Withdrawal Address」に出金先(送金先)アドレスを入れます。

Amountに、出金したい分の金額を入れ、「Submit」ボタンを押します。

二段階認証が設定されている場合は求められます。

更に確認のメールが届きますので、中に記載されているURLをクリックします。

これで完了です。

取引画面の見方

次はバイナンスの取引画面を見ていきましょう。

ログインして、「Exchange」という項目にある、「Basic」か「Advanced」のいずれかを選択します。

BasicとAdvancedの違いは、チャート画面にテクニカル指標を付けれるかどうかの違いです。あとは微妙にレイアウトが異なっています。

ただしBasicでもTrading Viewのチャートを表示させるとテクニカル指標を付けることができるため、好みの問題と言えるでしょう。

ちなみにAdvancedは重いので、PCのスペックが足りない場合はBasicを選択するのが無難です。

バイナンスのチャート画面の見方は他の取引所と一緒です。

ローソク足や板情報の基本的な見方については、以下で詳しく解説しています。

Basicの場合は、左に買い板、売り板があり、真ん中にチャート画面、真ん中下に取引画面、左上に仮想通貨リスト、左下に歩み値が表示されています。

バイナンスのチャートは、緑が陽線(上昇)、ピンクが陰線(下降)となっております。

チャート画面の左上には、時間軸を変更できる箇所があります。画像は1時間足です。

またチャート画面の右上では、以下の項目があります。

  • Original: バイナンス独自のチャート
  • TradingView: TradingViewが提供するチャート
  • Depth: 買い板と売り板の厚さを表示

一番右側の矢印が4つあるアイコンをクリックすると、チャートが全画面表示になります。

TradingViewのチャートに変えることで、テクニカル指標を付けることも可能です。

こちらはBTC/USDTのDepth画面です。緑が買い板、赤が売り板を表しております。

チャートの左に行けば行くほど価格は安く、右にいけば行くほど価格は高くなります。緑と赤が交わるところが現在の価格です。

また上にいけば行くほど板が厚いということになります。これは現在の価格からの累計で表示されます。

このチャートからは、現時点では買い板よりも売り板の方が注文数が多い(買い需要よりも売り需要の方が多い)ということがすぐにわかります。

ただし実際に価格を動かすのは成行注文であるため、大口が動いた場合は簡単に売り板が崩されて価格が上昇することもあります。

仮想通貨の買い方、売り方

続いてバイナンスでの仮想通貨の買い方と売り方を説明していきます。

注文方法には、以下の3種類があります。

  • Limit注文(指値注文)
  • Market注文(成行注文)
  • Stop-Limit注文(ストップリミット注文)

それぞれ解説していきます。

Limit注文(指値注文)

Limit注文(指値注文)は、予め価格を指定して注文を出す注文方法です。左側が買いの注文画面、右側が売りの注文画面です。

Priceに仮想通貨を買いたい(売りたい)値段、Amountに金額を入力します。

25%、50%、75%、100%のいずれかのボタンを押すと、今持っているBTCの金額から相応の割合の金額がAmountに入力されます。売りの注文画面であれば、現在保有している仮想通貨の中から(画像はETH)、相応の割合分だけAmountに入ります。

入力し終わったら、BuyもしくはSellボタンを押せば注文を出す事ができます。

Market注文(成行注文)

Market注文(成行注文)とは、金額を指定せずに即時購入、または即時売却する注文方法です。

同じように、Amountに買いたい、または売りたい金額を入力し、BuyまたはSellボタンを押せば注文が完了します。

Stop-Limit注文(ストップリミット注文)

ストップリミット注文とは、Stopに指定した価格に到達したらLimitに指定した指値注文を出すという、少し特殊な注文方法です。

まず「Stop」の値にトリガーとなる価格をセットし、「Limit」の値に実際に指値注文を出したい価格をセットすることで注文することができます。

Stopに設定する価格は、現在の価格よりも高くても低くても構いません。

これで価格がStopに到達したら、Limitに設定した価格に指値注文が入ります。

現在出している注文の確認方法

現在出している指値注文、またはストップリミット注文は、取引画面の下の「Open Orders」の項目で確認することができます。

右上の「Hide Other Pairs」をクリックすると、現在表示している通貨ペアで出している注文が表示され、他の通貨ペアの注文を隠すことができます。

また注文の右側にCancelボタンがあり、そこをクリックすることで、注文を取り消すことができます。

24時間の注文履歴の確認方法

自分が過去24時間に出した注文履歴は、取引画面の下のMy 24h Order Historyにて確認することができます。

バイナンスのアフィリエイトのやり方

バイナンスのアフィリエイトをすることで、新規登録者が売買する度に支払った手数料のうちの20%、もしくは40%がその取引した通貨で支払われます。

通常は新規会員が支払った手数料のうちの20%を貰えますが、紹介元が500BNB(現在のレートだと80万円相当)を保有していると、貰える手数料が40%に増えます。

バイナンスのアフィリエイトは、以下の手順で行います。

ログインして、トップページの「Binance Doubles Refferal Rewards」と書かれているバナーをクリックします。

「Referral Link」と書かれている場所のURLをコピーして、紹介したい人に渡し、そこから登録があると完了です。

アフィリエイトリンク付きのURLを踏むと、新規登録時に番号が入ります(画像の招待IDと書かれている部分)。

被紹介者側は特にデメリットがないため、どうせならば誰かのアフィリエイトリンクから登録すると良いと思います。

ブログやTwitterに貼り付けてみると、思わぬ登録があるかもしれません。

報酬の確認方法

先程の管理画面に、Referral Friendsという項目と、Estimated Commission Valueという項目があります。

それぞれ、

  • Referral Friends: 紹介した数
  • Estimated Commission Value: BTC換算での累計紹介報酬

となります。

ボーナスは即時反映で、新規登録者が売買すればするほどリアルタイムで残高が増えていきます。

以上です。

長くなりましたが記事が何かのお役に立てば幸いです。