当記事では、Googleで特定のサイト(ドメイン)を指定してキーワード検索をする方法を解説します。

名前は特にありませんが、サイト指定検索とでも付けておきます。

使用頻度が高い検索テクニックです。

Googleで特定のサイトやドメインを指定してキーワード検索する方法

「あのサイト内にある、あの記事を探している」といった具合に、Googleで特定のサイト内の記事を検索したい時に、サイト指定検索を使います。

Googleで特定のサイトやドメインを指定してキーワード検索をするには、半角で「site:」と打ち込み、スペースを空けずにURLまたはドメインを入力します。

例えば当サイト内の記事を検索したい場合は、

  • site:https://scam-analysis.com 検索したいキーワード
  • site:scam-analysis.com 検索したいキーワード

といった具合に検索します。

ただし、

  • site:https://scam-analysis.com(コロンが大文字)
  • site: scam-analysis.com(コロンの後にスペースが空いている)

このように打ってしまうと失敗です。

また、「site:URL」の後にキーワードを何も打ち込まずに検索すると、そのサイト内でGoogleがインデックスしているすべての記事が検索結果に表示されます。

これは専門家じゃないとなかなかやらないとは思いますが、特定のサイトの調査をしたい時に役に立ちます。

具体的な使用例

例えば以前日経新聞のサイト(https://www.nikkei.com)内で見た、サマータイムに関連した記事をもう一度見たいとします。

その場合、

  • site:https://www.nikkei.com サマータイム
  • site:nikkei.com サマータイム

といった感じでGoogle検索をします。

すると、検索結果には日経新聞のサイト内でサマータイムと記述されている記事のみが表示されます。

競合調査にも使う

サイト運営者が競合サイトの調査をする際にも、Googleのサイト指定検索を行うことがあります。

競合サイトを「site:」で検索すると、下に「約~~件」という文字が表示されます。

ここには、カテゴリページなどをも含めた記事数が表示されます。

これがもし数万件にも及ぶ場合は、長年運営している大規模なサイトであると判断できます。

稀に個人サイトでも、数千や数万件にも及ぶ記事数を保有しているサイトがあります。

怪しいサイトを調べる時にも使う

Googleのサイト指定検索は、怪しいサイトを調べる際にも使います。

怪しいサイトを「site:」を使って調べてみると、まれに表向き隠されている資料や、最近消されたページが検索結果に表示されることがあります。

私が怪しい投資案件を調べる際には、「site:」は必ず使います。