バイナンスロゴ

スマホを変える、もしくはスマホを紛失したなどの理由により、一時的に二段階認証を解除をしたい場合もあると思います。

当記事では、Binance(バイナンス)で二段階認証を解除する方法を解説します。

Binance(バイナンス)で二段階認証を解除する方法

バイナンスで二段階認証を解除する方法ですが、状況別に3つのパターンに分けて解説していきます。

  • ログインができる場合
  • ログインはできないが、16桁のコードを控えている場合
  • ログインもできず、16桁のコードも控えていない場合

ログインができる場合の解除方法

スマホの機種変更を行う前など、一時的にバイナンスの二段階認証を解除したい場合は、以下の手順の通り行います。

バイナンスのAccount画面

バイナンスにログイン後、人のアイコン→Accountと進みます。

バイナンスの二段階認証解除

色々な項目が出てきますが、その中の「Google Authentication」という項目の、「Disable」ボタンをクリックします。

バイナンスの二段階認証解除画面

ログインパスワードと二段階認証コードを入力し、「Submit」ボタンをクリックします。

これで解除完了です。

ログインはできないが、16桁のコードを控えている場合の解除方法

次はスマホが故障したり、紛失したりして、二段階認証のアプリが使えなくなり、バイナンスにログインができなくなった場合の対処法です。

最初に二段階認証を設定した時に表示された16桁のコードを控えていれば、簡単に復元できます。

この場合、わざわざ二段階認証を解除する必要もありません。

まずは新しいスマホでGoogle Authenticatorのアプリをインストールしてください。

次に、iOSの場合は右上の「+」→「手動で入力」と進みます。

Google Authenticatorの再設定画面

アカウントには、自分がわかりやすい名前を入力します。例えば「Binance.com」などです。

キーに、控えていた16桁のコードを入力します。

これで復元が完了します。

ログインもできず、16桁のコードも紛失した場合の解除方法

今度は二段階認証のアプリが使えなくなり、かつ登録時に控えた16桁のコードも紛失した場合の対処法です。

以下の手順で二段階認証を解除します。

バイナンスのログイン画面で、二段階認証を紛失した時のボタン

まずは通常通り、ログイン画面からメールアドレスとパスワードを入力し、二段階認証の入力画面まで進めます。

Submitの下に「Lost Your Google Authenticator?」と書かれている部分があるのでクリックします。

バイナンスの二段階認証解除前のチェック項目

注意書き2箇所にチェックマークを付けます。

内容としては、

  • 二段階認証を外すとセキュリティが弱くなるので、ログインに使用するメールアドレスとパスワードを頑丈なものにしておくことと、二段階認証が外れたあとはすぐに二段階認証を設定しなおす事
  • 二段階認証の解除は運営が手動で行うため、2日以上かかる可能性があり、出金申請に関しては、二段階認証が解除されてから48時間経過しないと行えない

と書かれています。

これらを了承し、チェックマークを付けたら「Confirm Your Reset Request」ボタンをクリックします。

すると登録メールアドレス宛にメールが届くので、中に記載されたURLをクリックします。

バイナンスの二段階認証解除前の質問

ここからはおそらくランダムな質問になります。

私の場合は「FUN」という仮想通貨の入金(Deposit)アドレスを求められました。

これに正解すれば、しばらくすると二段階認証を解除してもらえます。

英語がわからない方は、Google翻訳を使って英訳してみてください。