ローソク足チャート

当記事では、酒田五法の一覧を詳しく解説していきます。

酒田五法(さかたごほう)一覧

酒田五法(さかたごほう)とは、江戸時代の相場師である「本間宗久」が考案した、ローソク足のパターンによる買い場と売り場の読み方の一種です。

酒田五法は、以下の5種類から構成されます。

  • 三山(さんざん)
  • 三川(さんせん)
  • 三空(さんくう)
  • 三兵(さんぺい)
  • 三法(さんぽう)

それぞれを順番に解説していきたいと思います。

三山(さんざん)

酒田五法、三山

酒田五法の三山(さんざん)とは、「ローソク足が高値を試 しては更新できずに戻す」という動きが、3回連続で起こった状態を指します。

トリプルトップ」とも言われます。

このパターンが出たら、以降は下落する可能性が高いと判断します。

また、「ネックライン」と呼ばれる、上昇を支えているラインが割れると、本格的に上昇トレンドが終わったと判断します。

酒田五法、三尊

三山の変形ですが、真ん中の山が高いものを「三尊(さんぞん)」 、もしくは「ヘッドアンドショルダーズ」と言います。

三川(さんせん)

酒田五法、三川

酒田五法の三川(さんせん)は、上記の三山の逆で、「ローソク足が安値を試 しては更新できずに戻す」という動きが3回連続で起こった状態を指します。

トリプルボトム」とも言われますし、三山の逆なので、「逆三山」とも呼ばれます。

このパターンが出たら、以降は上昇する可能性が高いと判断します。

こちらも、下降を支えているネックラインを超えてきたら、下降トレンドが終わったと判断します。

酒田五法、逆三尊

図のように、真ん中の山だけ低いものを「逆三尊(ぎゃくさんぞん)」、もしくは「逆ヘッドアンドショルダーズ」と言います。

三川明けの明星、三川宵の明星

酒田五法、三川明けの明星

図のように、

  • 1つ目のローソク足が陰線を付ける
  • 次の足で窓を開けて寄引同事線のような短い胴体のローソク足が出現する
  • 次の足で窓を開けて陽線を付け、陰線の半分あたりまで上昇してくる

このパターンを、酒田五法の「三川明けの明星(さんせんあけのみょうじょう)」と言います。

そろそろ相場が反転したかもしれない、と推測します。

酒田五法、三川宵の明星

逆に、図のように、

  • 1つ目のローソク足が陽線を付ける
  • 次の足で窓を開けて寄引同事線のような短い胴体のローソク足が出現する
  • 次の足で下に窓を開けて陰線を付け、陽線の半分あたりまで下落してくる

このパターンを、酒田五法の「三川宵の明星(さんせんよいのみょうじょう)」と言います。

そろそろ反転かと推測します。

三空(さんくう)

酒田五法の三空(さんくう)とは、3回同じ方向に窓を開けたローソク足が出現するパターンです。

過熱したトレンドがクライマックスを迎え、反転を迎える兆候として捉えます。

三空踏み上げ、三空叩き込み

酒田五法、三空踏み上げ

図のように、3回連続で窓を空けて上昇するパターンを、酒田五法の「三空踏み上げ」と言います。

じりじりと上昇を続けている中で、三空踏み上げが出現したら、そろそろ上昇がクライマックスなのではないかと判断します。

酒田五法、三空叩き込み

逆に、図のように3回連続で窓を空けて下落するパターンを、酒田五法の「三空叩き込み」と言います。

じりじりと下降を続けている中で、三空叩き込みが出現したら、そろそろ下降がクライマックスなのではないかと判断します。

三兵(さんぺい)

酒田五法の三兵(さんぺい)とは、陽線または陰線が3回連続出現するローソク足のパターンを指します。

「三兵」だけではただの連続した陽線、陰線ですが、例えば方向感がない時に出現したら、相場が動き出したのではないかと判断します。

赤三兵、黒三兵

酒田五法、赤三兵

酒田五法では、このようにローソク足の陽線が3回連続で出現すると、「赤三兵(あかさんぺい)」と言います。

特定の場所に出現することで、買いのサインとなります。

酒田五法、赤三兵先詰まり

ただし、図のように3つ目のローソク足に上影陽線が出現した場合は要注意で、買いのサインとしては弱いです。

これを酒田五法では「赤三兵先詰まり」と呼びます。

酒田五法、黒三兵、三羽烏

逆に、このようにローソク足の陰線が3回連続で出現するパターンを、「黒三兵(くろさんぺい)」、または「三羽烏(さんばがらす)」と言います。

酒田五法、黒三兵先詰まり

同じように、3つ目のローソク足に下影陰線が出現した場合は、売りサインとしては弱く、「黒三兵先詰まり」と呼ばれます。

三法(さんぽう)

酒田五法、三法

図のように、陽線と陰線のローソク足がランダムに出て方向感が定まらない状態を、酒田五法で「三法(さんぽう)」と言います。

三法が出現した時は、取引をせず休むのが良いとされています。

上げ三法、下げ三法

酒田五法、上げ三法

図の用に、大陽線が出現した後に、小さな陰線が3回連続出現することを、酒田五法では「上げ三法」と言います。

今は上昇のエネルギーを溜めている段階であり、大陽線を下回らない限りは、再び大きく上昇してくると判断します。

酒田五法、下げ三法

逆に、大陰線が出現した後に、小さな陽線が3回連続出現することを、酒田五法では「下げ三法」と言います。

こちらも下降のエネルギーを溜めている段階であり、大陰線を上回らない限りは、再び大きく下落してくると判断します。

おまけ: 酒田五法が解説されているおすすめの本

酒田五法が解説されている本の中で、人気のものを3冊紹介しておきます。