当記事では、ローソク足を構成する四本値について解説していきたいと思います。

四本値(よんほんね)とは?

四本値(よんほんね)とは、ローソク足を構成する上で必要な、4つの値段の記録のことです。

具体的には、

  • 始値(はじめね)
  • 高値(たかね)
  • 安値(やすね)
  • 終値(おわりね)

から構成されており、これらをまとめて「四本値(よんほんね)」と言います。

実際に図を見て頂く方が理解しやすいと思います。

ローソク足の四本値の説明

左の白いローソク足が陽線(左、上昇)、右の黒いローソク足が陰線(右、下降)です。

ローソク足1本の中では、それぞれ、

  • 最初に取引された値段: 始値(はじめね)
  • 最後に取引された値段: 終値(おわりね)
  • 最も高い値段: 高値(たかね)
  • 最も安い値段: 安値(やすね)

と言います。

また、

  • 陽線(白)の場合は、ローソク足の胴体の「下側」が始値
  • 陰線(黒)の場合は、ローソク足の胴体の「上側」が始値

になります。

高値、安値に関してはどちらも同じです。

ローソク足の動き方

また、ローソク足には4つの値段(四本値)が記録されるだけなので、計測期間内にどういう動き方をしたかまではわかりません。

より詳細な動きを確認したい場合は、より短い計測期間のローソク足を見る必要があります。

四本値の読み方に注意

相場関連用語は、読み方が特殊なことが多いです。

  • 四本値を「よんほんち」
  • 始値を「しち」
  • 終値を「しゅうち」
  • 高値を「こうち」
  • 安値を「あんち」

などと読まないようにしましょう。

正しくは、

  • 四本値: よんほんね
  • 始値: はじめね
  • 高値: たかね
  • 安値: やすね
  • 終値: おわりね

と読みます。

四本値を英語で言うと?

四本値を直接表す英語はありませんが、よく「OHLC」と表記されます。

四本値を構成する要素をそれぞれ英語にすると、

  • 始値: Open
  • 高値: High
  • 安値: Low
  • 終値: Close

となります。

それぞれの頭文字を取って、四本値を「OHLC」と表記します。