bitregion-logo

ビットリージョン、GH要請が3万件にものぼり、事実上の破綻と言って良いのではないでしょうか。それに伴い、一斉にPHキャンペーン的なものが始まったようです。

当サイトでは前々からビットリージョンは危ないので手を出すなと言っておりました…。こうなった以上、私がお伝えしたいのは、これ以上は絶対にPHしないようにということです。

ビットリージョンについて

当サイトでビットリージョンについて説明していなかったので、ついでに簡易的に書こうと思います。

ビットリージョンは、互いに寄付したい人と寄付を受けたい人をマッチングするコミュニティであり、寄付をしてから寄付されるまで1日1%の配当が付きます。これ系のサービスを、キャッシュギフティング系のポンジスキームといいます。

ビットリージョンでは、寄付することをPH(Provide Help)といい、寄付要請をすることをGH(Get Help)といいます。

登録したら、まず0.15BTC(約15000円)払わないといけません。これを払うことでPHが可能になります。

PHとGHをするためには、パスポートを購入しなければいけません。料金は0.05BTC(今のレートだと約5000円)かかります。つまりGHとPHの往復で約1万円かかり、これが運営の利益になります。この時点で運営がどれだけ儲けているかお分かりいただけるでしょうか。運営は非営利でやっていると言っているようですが、そんなはずはありません。もし運営を信じてしまっていたら、まずは人を疑う事を覚えた方が良いかと(´・ω・`)

PHは0.1~30BTCの間で行うことができます。PH申請を出すと、GH要請をしている人とマッチングするまで1日あたり0.5%の配当がつくようです。マッチングされると、ビットコインの送付先のアドレスが表示されます。

PHしてから20日間は資金がロックされます。この間1日1%の配当が付きます。そして20日後は、いつでも元本と配当、もしくは配当のみをGH申請することができます。PHしている人とマッチングすると引き出す事ができます。

MLMとしてのビットリージョン

ビットリージョンを紹介するとボーナスが貰えるようです。アカウントレベル(MLMでいうタイトルのようなもの)が8段階あり、レベルが上がるごとにもらえるボーナスが増えます。

報酬プランは詳しく説明するだけで1記事書けてしまうため、ここでは割愛させていただきます。

ビットリージョンはなぜ破綻したのか

まずビットリージョンの破綻についてよく言われているのが、

  1. ビットリージョンのネガキャンが多かった
  2. ビットコインの価格が暴落した

この2つですね。

当時D9やアジアビッツ、ライトライズなど、他の案件に誘導するためにビットリージョンのネガキャンが多かったという意見がありました。だいたい1月あたりからPH件数に対してGH件数が増えていき、ビットコインの暴落に伴って一気にGH件数が増えたという感じでしょう。

しかし私は原因はもっと根本的なところにあると思っています。

ビットリージョンを簡易的にシミュレートしてみる

ビットリージョンは1日1%増えていくサービスです。仮にパスポート代抜き+すぐにマッチングするとして、10人が1万円を投資して20日で出金、全額を再投資したとします。試しに10順シミュレートしてみましょう。

1順目…12000+12000+12000+12000+12000+12000+12000+12000=96000円+余りが4000円、2人がGH待ち状態。

2順目…12000+12000(全員1順目終わり)+14400+14400+14400+14400+14400=96000円+余りが4000円、3人がGH待ち状態。

3順目…14400+14400+14400+14400+14400(全員2順目終わり)+17280=89280円+余りが10720円、4人がGH待ち状態。

4順目…17280+17280+17280+17280+17280=86400円+余りが13600円、5人がGH待ち状態。

5順目…17280+17280+17280+17280(全員3順目終わり)+20736=89856+余りが10144円、5人がGH待ち状態。

6順目…20736+20736+20736+20736=82944円+余りが17056円、6人がGH待ち状態。

7順目…20736+20736+20736+20736=82944円+余りが17056円、6人がGH待ち状態。

8順目…20736(全員4順目終わり)+24883.2+24883.2+24883.2=95385.6+余りが4614.4円、6人がGH待ち状態。

9順目…24883.2+24883.2+24883.2+24883.2=99532円+余りが468円、6人がGH待ち状態。

10順目…24883.2+24883.2+24883.2(全員5順目終わり)=74649.6円+余りが25350.4円、7人がGH待ち状態。

ぐるぐる回るにつれてどんどんGH待ちが増えていくのがわかりますね。10順(20日×10順=200日)回るだけで、7割の人が掴まってしまいます。そもそもビットリージョンは何もしなくても破綻する仕組みだということがおわかりいただけますでしょうか。

新規入会者が増えているうちは、必然的にGHで捕まってしまった人のお金はカバーされるでしょう。しかし、新規入会者で隠れていただけで、最初からビットリージョンの崩壊は始まっていたのです。そして新規入会者が滞ったところで、一気にビットリージョンの本性が顕になってしまったように思えます。

PH一斉キャンペーンについて

ビットリージョンの渋滞を受けて、リーダー陣はPH一斉キャンペーンというものを仕掛けているそうです。なるべくPHを増やしてビットリージョンを復活させようといった感じですね。

しかし、この状態になった以上、復活は無理かと思われます。その理由ですが、

  • 新規入会者およびPHが止まった
  • GH件数がどんどん増えており、既に3万件に及んでいる
  • 皆資金を引き上げようとしている

これらが挙げられます。

まず以前よりも圧倒的に新規入会者及びPHが止まっているように思えます。新規入会者とPHが増加しない限り、ビットリージョンは絶対に回りません。そして文頭に書いた通りGH待ち件数が3万件にも及んでおり、今PHすると次はまず間違いなく出金できないと思われます。

今現在はどう考えても誰かにPHをさせて自分が抜ける方が合理的です。これがますますPHを渋らせていますね。そしてPH一斉キャンペーンの裏側には、「(自分が抜けるために)誰かPHしてくれ」といったものが見え隠れしていますね。

また、運営が非営利でやっており、1日1%の原資を補填していると信じている人もいると思いますが、それはありえないと断言しておきます。運営側がこんなに儲かるのに非営利でやる人がどこにいるでしょうか。ましてや運営は匿名なので全く信用できませんし、このポンジスキームが破綻したら、また新しいのを作って同じように儲けるだけです。

ビットリージョンで掴まった人は心情お察しします。これ以上は絶対にPHしないようにしてください。