ロボアドバイザー

当記事では、ロボアドバイザーを英語でどう言うのかを解説していきたいと思います。

ロボアドバイザーを英語で言うと?

ロボアドバイザーを英語で言うと、

  • Robo-advisor(s)
  • Robo-adviser(s)

のいずれかとなります。

advisor、もしくはadviserのスペルとしては、どちらも正解で、意味の違いもありません。

一般的には、「adviser」の方がよく使用されますが、米国やカナダでは、職業名としてのアドバイザーを表したい時に、「advisor」の方を使用することが多いようです。

ロボアドバイザーの英語表記としては、Robo-advisorとする方が一般的になっています。

ただ、adviserとしてももちろん正解です。

ロボアドバイザー「全般」を表す時は、Robo-advisorsと複数形にして言います。

補足:ロボアドバイザーとは?

ロボアドバイザー(通称ロボアド)とは、AIによる資産運用のアドバイスサービスのことです。

使い方は簡単で、質問に答えてある程度の運用方針を提示すると、AIが最適な投資信託、ETFなどを提示してくれます。

推奨銘柄のアドバイスだけでなく、中には資産の自動買い付けや、リバランスを行ってくれるもの、更には節税を兼ねて年末に含み損を抱えた銘柄を損切りしてくれるものまで出てきています。

日本で有名なロボアドバイザーサービスは、

の2社があります。