FCoin、エフコインのロゴ

当記事では、FCoin(エフコイン)の本人確認のやり方について解説していきます。

本人確認をするメリット、必要なもの、手順をそれぞれ解説していきます。

FCoin(エフコイン)の本人確認をするメリット

FCoinは匿名でも使えますが、本人確認(KYC登録)を済ませると、出金できる上限の金額が増えます。

例えばBTCだと、本人確認前は1日に2BTCまでが上限ですが、本人確認後は1日150BTCまでに増えます。

ただし、2BTCというと、仮に1BTC=80万円とすると160万円です。

当然毎日2BTCずつ出金もできるため、基本的に1000万円を超えるような金額を預けていない限りは、本人確認は必要ないと言えます。

具体的な出金上限金額は下記のリンクに記載されています。

本人確認には運転免許証もしくはパスポートが必要

FCoinの本人確認提出には、

  • 運転免許証
  • パスポート

のいずれかが必要になります。

ただし、運転免許証では通らなかったという声もあります。もしかするとパスポートじゃないと通らないかもしれません。

FCoin(エフコイン)の本人確認のやり方

FCoinの本人確認手順は以下の通りです。

運転免許証では通らなかったという声もありますが、一応両方のやり方を記載しておきます。

FCoin、エフコインのSettingボタン

ログインし、右上のユーザー名が書かれている部分をクリックし、Settingと進みます。

FCoin、エフコインの本人確認ボタン

ユーザー名が表示されている右側に「KYC Verivication」とあるのでクリックします。

FCoin、エフコインの本人確認入力欄

country/regionにJapanを選択します。

First Nameに下の名前、Last Nameに名字を入力します。

passportと書かれた項目には、パスポートの英数字もしくは運転免許証の番号を入力します。

FCoin、エフコインの免許証もしくはパスポートのアップロード画面

続いて3枚の写真を撮り、アップロードします。

パスポートの場合は、顔写真ページと裏面の住所記入欄の写真、運転免許証の場合は裏表の写真を撮ります。

もう一枚は、紙に「FCoin」の文字と今日の日付を書き、その紙と身分証と手に取ったセルフィ写真を撮ります。

これらをアップロードして、Submitボタンを押せば本人確認が完了します。