14o41logo

今回はOne for All All for One(ワンフォーオール オールフォーワン、14o41)について。個人的にはしょうもない案件だと思います。ご注意を。

One for All All for Oneとは

ビットリージョンに似た仕組みのポンジスキームです。長いんでURLにちなんで以後14o41と書きます。最近出たものでビットインデックスというものもありますが、どちらも3月1日にオープンとなっていますね。

念のためシステムを説明しておくと、PH(寄付)とGH(寄付要請)をするポンジスキームです。PHをしてからGHするまでの間に1日1%の利子が付きます。GH時にPHする人がいた場合にマッチングされ、着金しますが、PHする人がいなければ泣き寝入りです。

1日1%の原資は新規にPHした人が賄うので、新規参加者が減った時点でGH待ちの人で溢れかえります。

細かい指摘をするとallなのになぜoなんでしょうね。allのaとoは発音が違うので英語圏の人ならまずこんな名前にしないんじゃないかなって思ってます。

ビットリージョンとの特徴的な違い

14o41はビットリージョンの弱点を克服したシステムらしいです。特徴的な違いは

  • GHすると強制的に半額PHされる

という点です。これにより資金が抜けにくく、崩壊しにくいスキームになっているそうです。

しかしポンジスキームには変わりありませんので、言うまでもなくいずれ必ず崩壊します。

というか、このような仕組みにして誰が一番儲かるかというと、運営と少数のアップラインです。

なぜなら資金を全額抜ききるためには何度もGHしないといけないからです。

  • GH1回目…資金の50%が出金
  • GH2回目…資金の75%が出金
  • GH3回目…資金の87.5%が出金
  • GH4回目…資金の93.75%が出金
  • GH5回目…資金の96.875%が出金

といった感じで、5回GHしてようやく資金の96.875%出金できる感じです。GHする度にチケット代(0.025BTC、約3000円)がかかりますし、GHする度に強制的にPHされるので、沢山紹介者を出したアップラインは儲かります。うはうはですね。

軽くシミュレーション

5回GHする前提で考えると、チケット代は初回PHを含めて6回分…18000円かかることになります。

1BTC(約12万円)を投資した場合、チケット代は15日耐えると賄えます。この案件は登録費用が別途24000円(回収に20日)かかるので、その分も入れると35日、更に資金の3.125%は損することになるので合わせて約39日耐えてようやくトントンになります。

全額抜かずに39日ということは、少しでも抜いたらその分損益分岐点が遠のきます。

投資額が増えてもチケット代は一定なので、投資金額は多ければ多い程良いです。とてもじゃないけど1BTCでは割りに合わないと思います。

14o41は参加したが最後、資金を抜くのが難しく、その度にチケット代を搾り取られ、アップラインに配当され続けるという、悪魔のような仕組みです。真面目にこれはやばいです。絶対に加担しないように。

その他のツッコミどころ

この案件に関してはツッコミどころが多いです。

トップページが存在しない、リンク切れ多数

驚いたのは、トップページ(http://14o41.com)が存在しないことです。真っ白なページが出てきます。

おまけにリンク切れが多数あります。

いくらなんでもサイトの作りが素人感丸出しだし雑すぎです。

SSL未適用

14o41ssl

個人情報を扱う身でありながらSSLに対応させていないなんて今時どうかしてます。サイトの作りの雑さも相まって不安しかありません。

セキュリティホール探したら穴見つかるかもしれませんね。

ドメイン契約期間が強気

14o41domain

6年間契約してるし。ずいぶん強気で笑えます。このドメインで他にも何かするんでしょうかね。

当然ながら運営者情報は匿名です。

Alexa分析結果

14o41access

どうせそうだろうなって思いましたがやはり日本人しかいません。もういい加減カモられてるってことに気付きましょうよ。

儲かるのは運営とごく一部のアップラインです。他の大勢の人達は損します。

14o41総評

所詮ハイプなんてどこもひどいですが14o41は久々にやばすぎです。

GHすると強制的に半額PHに回されるという仕組みのせいで多くのチケット代を払わされるし、このせいで運営はウハウハ、それと大量に紹介者を出したごく一部のアップラインしか儲かりません。ビットリージョンの弱点を克服って宣伝してる人もいますが、よりひどくなったとしか思えません。

サイトの作りもいくらなんでも雑すぎます。個人情報を扱う身でありながらSSLには対応してません。

案の定日本人しか参加していません。誰がこんな案件持ってくるんでしょうね。

こんなものを平気で他人に紹介する人はさすがにちょっと考え直した方がいいと思います。