questraworldlogo

今回はQuestra World(クエストラワールド)のレビュー記事を書こうと思います。詐欺の疑いが高いので気をつけてください。

クエストラワールドとは

Youtubeのプレゼン動画がありました。

投資会社であるAtlantic Global Asset Management(AGAM)とQuestra Worldを傘下に持つQuestra Holdingsという会社が元締めだそうです。

questraworldjose

CEOはJose Manuel Gilabertという人物で、顔も公表されています。

AGAMはアフリカにあるカーボベルデ共和国の投資会社で、顧客からお金を預かり、外国為替やIPOなどで運用し週利4~6.5%で還元しているそうです。

補足しておくとカーボベルデ共和国には人口が約50万人しかいません。

25名のファンドマネージャーがいるそうで、投資運用業許可証もあるようです。

しかし週利4%だとすると、月利16%、年利192%です。一番少ない配当でこれなので運営は倍は儲けていないといけないでしょう。となると年間で384%です。とても現実的なレベルだとはいえず、ポンジスキームの疑いが濃厚です。

ベルギーでは注意喚起も

ベルギーの「Financial Services and Markets Authority(FSMA)」という機関では、2016年9月にクエストラワールドに対して注意喚起を公表しています(ソース)。

Moreover, the system proposed by Questra Holdings has every appearance of being of a pyramidal type or at least of a Ponzi fraud.

そもそもベルギーで投資会社としての営業許可が降りていないのに投資家を募ってるってところでまずかったのですが、付け加えられる形でねずみ講もしくはポンジ詐欺と書かれています。

オーストリアでも注意喚起

無許可で営業しているという点で、2016年10月にオーストリアの「Financial Market Authority(FMA)」という機関でも注意喚起が出ています(ソース)。オーストリアでクエストラワールドを営業することは違法というわけです。

ファンドとしてやっている以上、日本で投資を募ることに関しても「第二種金融商品取引業」あたりの許可が必要なのではないでしょうか。無許可営業なら違法ですかね。

私はあまり法律には詳しくはありませんので、詳しい方いればコメントください。

投資プラン

クエストラワールドには複数の投資プランがあります。

  • ホワイト…90ユーロの投資、週4%の配当、年39%の手数料
  • イエロー…270ユーロの投資、週4.2%の配当、年36%の手数料
  • グリーン…810ユーロの投資、週4.6%の配当、年30%の手数料
  • ブルー…2430ユーロの投資、週5%の配当、年24%の手数料
  • レッド…7290ユーロの投資、週5.2%の配当、年21%の手数料
  • ブラック…21870ユーロの投資、週6%の配当、年10%の手数料
  • インディゴ…65610ユーロの投資、週6.2%の配当、年7%の手数料

ホワイトが一番投資額が少なく、インディゴが一番多いです。当然のことながらインディゴの方が配当は高く設定されています。手数料に関しても、高いプランであればあるほど安くなっていますね。

また、90から9900ユーロまで自由に投資額を決められるスタンダードプランというものも用意されています。こちらは週6%の配当で、手数料10%です。こちらは配当の引き出しが1年間ロックされます。

報酬プラン

クエストラワールドにはユニレベルの報酬プランが用意されています。

タイトル昇格ボーナス

11段階のタイトルがあり、シルバーエージェント以降に昇格するとボーナスが支給されます。

  • ニューカマー(新人)…入会し投資した時点
  • ブロンズエージェント…グループが合計で3000ユーロ投資で昇格
  • シルバーエージェント…グループが合計で2万5,000ユーロ投資で昇格、1000ユーロ支給
  • ゴールドエージェント…グループが合計で5万ユーロ投資で昇格、2000ユーロ支給
  • プラチナエージェント…グループが合計で10万ユーロ投資で昇格、5000ユーロ支給
  • ブロンズディレクター…グループが合計で50万ユーロ投資で昇格、2万ユーロ支給
  • シルバーディレクター…グループが合計で100万ユーロ投資で昇格、5万ユーロ支給
  • ゴールドディレクター…グループが合計で300万ユーロ投資で昇格、15万ユーロ支給
  • プラチナディレクター…グループが合計で1000万ユーロ投資で昇格、50万ユーロ支給
  • マネージングディレクター…グループが合計で3000万ユーロ投資で昇格、70万ユーロ支給
  • スーパーディレクター…グループが合計で1億ユーロ投資で昇格、100万ユーロ支給

1系列片伸びでもタイトル自体はアップするようですが、タイトル昇格ボーナスの場合は1系列の投資額の50%までしかカウントされないようです。

直紹介ボーナス

誰かを紹介すると、タイトルに応じてその人が投資した額の何%かが貰えます。

  • ニューカマー(新人)…5%
  • ブロンズエージェント…7%
  • シルバーエージェント…9%
  • ゴールドエージェント…10.5%
  • プラチナエージェント…12%
  • ブロンズディレクター…13%
  • シルバーディレクター…14%
  • ゴールドディレクター…14.5%
  • プラチナディレクター…15%
  • マネージングディレクター…15%
  • スーパーディレクター…15%

差額ボーナス

直紹介ボーナスはプラチナディレクター以上の15%が基準値と決められており、それに満たないタイトルの人が紹介料を得た場合、15%からの差額分が上のタイトルを保有しているアップラインに配当されます。

例えばニューカマーが誰かを紹介すると、15%-5%=10%分の紹介料が余ります。

真上の人がブロンズエージェントだった場合は、本来は直紹介ボーナスが7%分貰えるので、7%-5%=2%の差額ボーナスが貰えます。ニューカマーからの差額は元々10%あったので、10%-2%=8%分余っています。これが次のアップラインに配当されます。

次のアップラインがゴールドエージェントだった場合は、本来は直紹介ボーナスが10.5%分貰えるので、10.5%-7%=3.5%が貰えます。差額は8%あったので、8%-3.5%=4.5%は更に上に配当されます。

このような感じで差額がアップラインに配当されていきます。

インタレストフリーローン

ゴールドディレクター以上になると、不動産もしくは車のローンの75%を肩代わりしてくれるそうです。

車は5年間、不動産は10年間だそうです。

クエストラワールド総評

結局はAGAMの紹介であり、クエストラワールドはその窓口になっているといったところでしょうか。

入会するのにお金がかかり、投資分がアップラインに配当されるという図式は、客観的に見るとシンプルなねずみ講といえます。

questraworldsearch

Googleで「questra world」と打つと、真っ先にscam(詐欺)の候補が出てきます。

会社の住所はスペインのマドリードにあるようなのですが、同じ住所がエアビでワンベッドルームアパートメントという形で、一晩45ドルで貸し出されていたようです。

おかしい点は、スペインの企業のはずなのにYoutubeではロシア語の動画が大量に出てきており、人口約50万人のカーボベルデ共和国に投資会社を置いてEcoBankと提携しているところです。

ここからロシア人の詐欺師がスペイン人をフロントにおいて南アフリカで資金洗浄をしているのではないかという線も出ています。これが本当かどうかはわかりませんが、不自然ではあります。

ともあれ週4~6%の配当+紹介コミッションを出している時点でポンジスキームであることはほぼ間違いないです。本当に運用しているという確証も持てません。ポンジスキームということは、新規入会者が滞ると配当がストップし、スキームが崩壊するということです。

スタンダードプランでの入会は1年間は出金できないようで、その前に会社が消滅してしまう危険性が極めて高いです。他のプランも1年間のロックがかかるのかどうかはわかりませんでした。

ベルギーとオーストリアでの例もありますし、どのみち日本で営業するのは違法の可能性があります。気を付けてください。